2007/7/30

503:深淵  

おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。  ニーチェ『善悪の彼岸』

 オーディオで時々、見なかった方が良かったかな・・・聴かなかった方が良かったかなという経験をすることがある。それは何か深淵をのぞき込んだときのような、深く底知れないものを連想させるのである。

 2ヶ月ほど前のことであるが、びーぐる邸でリスニングルームの真下にあたる専用の部屋に設置された巨大なトランスの数々を目にしたときも、「すごいな〜」と感嘆の声を上げた。

 そして、昨日Jeyさんのお宅でOMEGA MONOを目の当たりにしたときのも、「すごいパワーアンプだな〜」と目をぱちくりさせた。

 想像していたよりも荒々しい容姿ではなかったが、その存在感は他のオーディオ機器を圧倒するものがあった。何せその重量は、Jeyさんがお使いのALTO UTOPIAとほぼ同じ。どう頑張っても一人では持ち上げられない。

 その神々しい姿形に見入っていると、ついつい引き込まれてしまうような強力な引力を有した素晴らしいオーディオ機器である。

 Jeyさんは「まだ音がまとまっていない・・・」とおっしゃっていたが、その能力の桁外れの高さは、同時に使い手の技量に対しても高レベルなものを要求してくるのかもしれない。たとえ深淵に魅入られたとしても、うかつに踏み込んではいけない世界なのであろう。

 前回お邪魔したとき、パワーアンプはFM ACCOUSTICSであった。私のとても好きな質感の音を奏でていた。うっとりと聴きいっていたのであるが、「もっと制動の効いた低域が欲しいので、パワーアンプをOMEGA MONOに変えたい」との意向を聞いて「もったいない・・・」と内心思ったのである。

 まだ導入されたばかりでJeyさんもこれから本格的に調整に取り組まれる段階ではあるが、その能力の桁外れさは、音から見え隠れしている。打楽器系の瞬発力や実体感のある音の塊感など、やはり並ではない。シンバルやヴィブラフォンといった高域の響きの確かさもうならせる。やはり、Jeyさんにとってパワーアンプ変更の決断は正解であった。

 整然としたラックの裏側をのぞき込むと前回の時と同様、シンクロナイズスイミングの水面下を連想させるエネルギッシュな光景が目に飛び込んでくる。巨大な白や黒の大蛇が蠢いているようにすら見える。ここにも深い深淵があった。見入っていると魂を吸い込まれそうな光景である。

 その情熱の深さ強さはどこからくるのであろうか?びーぐる邸にも心底驚かされたが、Jeyさんのお宅もそれに負けず劣らず深かった。



2007/8/1  6:56

投稿者:ponta

お早う御座います。
>もしかして、オーディオの調整を考えすぎて、蕁麻疹になったなんてことはありませんか?
まさか〜♪飲みすぎで胃腸が弱っているところに油っこいものを食べたせいかな〜って思っています。
>冷静になってしまったら・・・自分が本当に馬鹿に見えてしまうので
我に帰ったら駄目です〜♪魔法はかかったままが幸せです。

2007/8/1  0:58

投稿者:びーぐる

先日はお世話様でした。うちにもまた来てくださいね。
んで、うちは夜中でも全然OKですので、お手すきの時にいらしてくださいませ。夜中の2時ころからいらっしゃる方もおられますし。
Jeyさん:お疲れ様でした。しばらくいろいろ楽しめますね。すごいことになるんだろうな〜。


http://blogs.yahoo.co.jp/hanahanahanako

2007/7/31  23:23

投稿者:tao

pontaさんこんばんわ!

もしかして、オーディオの調整を考えすぎて、蕁麻疹になったなんてことはありませんか?もう直りましたか?

確かに、私もかなり深淵に魅入られてしまった方かもしれません。それがこの1年半の右往左往の原動力になっているようです。冷静になってしまったら・・・自分が本当に馬鹿に見えてしまうので、魅入られたままでいた方が幸せなのかもしれません。

2007/7/31  23:18

投稿者:tao

Jeyさん先日はありがとうございました。
あんなに遅くまでお邪魔してしまって・・・奥さんから文句がでませんでしか?
我が家では昼ならまだしも、夜遅くのOFF会を決行したら・・・想像するだけで空恐ろしい気がします。
数ケ月後、ぜひ再訪させてください。ものすごいことになりそうな予感がします。お誘いメールを首を長くしてお待ちしています。

2007/7/31  6:14

投稿者:ponta

お早う御座います。出勤前です。昨夜蕁麻疹で寝られずでした。
>その情熱の深さ強さはどこからくるのであろうか
確かに皆さん凄いですね〜♪でも、taoさんもどうしてどうして、凄いな〜ですよ。はい。

2007/7/31  2:02

投稿者:Jey

昨日はダブルヘッダーお疲れさまでした。
まとまりの無い音を聴かせてしまって申し訳なく思っております。
納得のいく状態になりましたら、ぜひまた聴いてやってください。

Taoさんの音はクラシックを鳴らされている石井式専用ルームということで、もっとクラシックオーディオ的(?)な響きを持たせた音なのかと思っておりましたが、以外や以外、あんなにリアルな音がするとは驚きでした。
クラシックを聴いて楽しく感じたのは、ホントに初めてです。
しかもシステムが2セットも。。。
うーん。羨ましい。

ウチもあんなリアルな音がしてくれると良いんですけど
果たしてどうなりますやら…。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ