2019/11/12

4993:ヒルクライム  

 コンビニ休憩を終えて、リスタートした。今日のゴール地点である奥多摩湖を目指した。しばし、JR青梅線に沿って走っていった。

 「将門」の交差点を左折して下ると城山トンネルが見えてきた。8台のロードバイクは橋を渡り切って次々にトンネルの大きな口の中へ吸い込まれていった。

クリックすると元のサイズで表示します

 トンネルの中は薄暗く、気温が低い。前を走るロードバイクのリアライトが赤い点滅を繰り返す。それを私のロードバイクのフロントLEDライトが白く照らしていた。

 城山トンネルを抜けて少し走っていくと、次のトンネルである愛宕トンネルが見えてくる。愛宕トンネルを出ると青梅街道の愛宕大橋の交差点に出る。

 交差点の信号は赤であったので、手前で減速しているとその色が青に変わった。その交差点を左折した。この交差点を左折すると道は奥多摩湖方面へと繋がり、右折するとJR青梅線の終点である奥多摩駅に繋がる。

 ここから先は道は緩やかに上っていく。奥多摩湖に着くまでにはさらに幾つもの古いトンネルを抜けていく。

 ここから先は徐々にペースは上がっていく。後半には高速バトルになる。いつもであれば私も参戦するが、今日は一定のペースを維持して走る予定である。

 さらに二つほどトンネルを抜けたあたりからペースが上がっていった。メンバーは次々にスピードを上げていくが、私はクランクを回すペースを変えることなく、上り道を進んだ。

 心拍数は170を超えて高い値を維持していた。一定のペースで走りながら、一つまた一つとトンネルを抜けていった。

 最後のトンネルである中山トンネルを抜けると奥多摩湖を堰き止めている小河内ダムの排水設備が見えてくる。

 それを目にするとほっとした。ゴールはもうすぐである。ペースアップはできなかったが、ペースが途中でダウンすることもなく、走り切ることができた。

 随分と久しぶりのヒルクライムであった。ぐでぐでになるだろうなと覚悟していたが、斜度が緩めであったことが幸いして、ほぼ一定のペースで走れた。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ