2019/10/31

4981:軸受けオイル  

 エンジンオイルをBMW純正のものから、パワークラスターの「レーシング」に変えて走行感の質感が随分と向上した。「もっと早くから変えておけばよかった・・・」と思った。

 そのエンジンオイルを教えてくれたカーマニアの方によると、走りの質感だけでなく燃費も良くなるとのことである。

 オーディオの世界においても「オイル」は重要な役割を果たすことがある。それはレコードプレーヤーの軸受けオイルである。

 ORACLE Delphi6を購入した時には、予備の純正オイルが付属品として付いてきた。従来はそれを使ってきた。
 
 Delphi6を購入したのは5年前のこと。付属していた純正オイルも残量がなくなってきた。そこで、思い切って別のものに変えてみた。

 試してみたのは「スクアランオイル TR-30」である。「潤滑・接点・清浄」とボトルには印刷されている。

 用途としては、軸受けオイル以外にピンジャックなどの接点の清掃に使うようである。粘性は純正のものよりもやや低く、さらさらとしている。

 純正のオイルからこれに変えると、すっきりとした音の質感に変わる。クラシックに限って言えば、見通しや空間表現という点において、優れていると思えた。

 しばらく、これを使ってみようかなという気になった。軸受けオイルに関してはもう一つ試してみたいものがある。

 それは既にAmazonで発注し調達済みである。それはオイルメーカーとして有名な和光テクニカルのTi-103MK2である。

 「アナログプレーヤーなどのターンテーブル軸部及びモーター軸部では回転角度の変化に伴いクリチカルに摩擦量も変化しており、この変化こそが回転ムラ発生の最大の原因なのです。Ti-103MK2は従来Ti-103のベースオイル及びチタン液に改良を加えより潤滑性と耐久性を高めた製品です。」とその商品についての説明があった。

 こちらも期待できそうである。けっして高価なものではない。ちょっとした投資で大きな効果があるかもしれない軸受けオイル分野である。 




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ