2019/10/18

4968:R-Line  

 VW小平の営業担当のYさんから携帯に電話が入った。もちろんその目的は営業である。「POLOの新しいグレードのR-Lineの試乗車がありますので、一度乗られてみてはいかがですか・・・?とても良い出来ですよ・・・」といった内容であった。

 「R-Line」と呼ばれるモデルは、従来の3気筒エンジンのベースグレードと、最上級の「GTI」の間を埋めるモデルである。

 「3気筒では今一つぱっとしないし、GTIではちょっと欲張り過ぎ・・・」と新型POLOのことを感じていた、旧型POLOのオーナーである私みたいな人間にとっては、この新しいグレードは気になるところではある。

 ベースグレードとGTIの中間ではあるが、R-Lineはどっち寄りなのであろうか・・・エンジンは1.5L直噴ターボである。4気筒エンジンであるからどちらかというとGTI寄りなのであろうか・・・ベースグレードに試乗した時に気になった足回りの出来は改善されたのであろうか・・・等々気になる点があったので、いそいそと誘われるままに、VW小平に出かけていった。

 事務所の営業車として使用しているVW POLOは、納車から既に8年を経過した。来年の9月には4回目の車検の時期を迎える。VW小平の営業マンからすればどうしても新型POLOに乗り換えてもらいたいのであろう。

 VWではもうすぐ、POLOベースと思われる「T-Cross」というコンパクトSUVが日本でも発売される予定である。

クリックすると元のサイズで表示します

 そのサイズは、4108×1760×1584mmである。国産のコンパクトSUVよりもさらに若干コンパクトなサイズは日本の道路事情にぴったりである。

 時代は完全にSUV寄りに流れているので、VW JAPANは、「T-Crossは日本で必ず売れる!」と相当期待しているはずである。

 T-CrossとPOLOの購入層は結構かぶるはずである。T-Crossが発売されると、POLOの販売台数は相当落ちるような気がする。

 私もT-Crossの情報が入っていたので、「次の営業車は流行りに乗ってコンパクトSUVのT-Crossっていう選択肢もありかな・・・」と思っていた。「SUVだから値段的には少し割高になるかもしれないけど・・・流行りだからね・・・」などと少々にやけていたのである。

 そんなことも頭にいれつつ、VW小平に向かった。新型POLOとの違いをより実感したかったので、納車8年目を無事に迎えた旧型POLOに乗っていった。

 VW小平の建物は実にお洒落な外観をしている。駐車場に車を停めてそのお洒落な建物の中に入っていった。

 担当営業マンが満面の笑顔で出迎えてくれた。案内されたテーブル席でサービスで出されるアイスコーヒーをブラックで頂きながら、営業マンの簡単な説明を聞いていた。

 「では、試乗しましょうか・・・」という話になり、建物の外に出た。試乗車のPOLO R-Lineは黒色であった。その色のせいか、妙に精悍に見えた。

クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ