2019/10/12

4962:台風  

 今日は家族4人が一日中自宅に籠って過ごした。台風19号が関東地方に近づき、朝から雨が降り始めた。
 
 その雨は時間の経過とともに徐々に激しくなっていった。今日一日で降ったは雨の量は相当なものになったであろう。

 自宅の近くには川はなく、どちらかというと高台にあるので水害に合うことはないと思われるが、猛烈な雨を窓から時折眺めていると、やはり少し怖い感じであった。

 非常に強い風が吹くと事前にテレビなどで報道されていたが、風の方は心配していたほどに強烈なものではなかった。

 我が家は築23年の木造家屋である。顧問先であった地元の工務店に建ててもらったもので、一般的な木造軸組み構造である。構造上特別に頑丈なものではない。

 物凄い風が吹くと、屋根などに被害が出る可能性は十分にあったが、家自体をガタガタと揺るがすような強風は結局吹かなかった。

 不安感をあおるかのように、スマホは2回ほどけたたましい警告音を鳴り響かせた。「東大和市にも大雨特別警報が出ました」といった内容のものであった。

 「非難したほうがいいのかな・・・」と下の娘は心配していて、リュックに避難する場合の荷物などを詰め込んでいた。

 私は風邪の症状が悪化してほとんどの時間をベッドで横になって過ごした。寝室の窓ガラスには時折雨がざっと打ち付けられていた。

 もう1週間ほどになるが、依然風邪のウィルスは体内に居残っているようである。今年の風邪のウィルスはしつこい性格なのか、あるいは私の体の免疫力が弱っているのか、まだしばらくの間はウィルスは退散しそうにない。

 昨年も風邪をひいてから直るまで2週間以上かかった。今年も同じくらいの時間の経過が必要なのかもしれない。

 今日は朝食、昼食、夕食と家族4人が揃ってのものとなった。これはとても珍しことである。強い台風がもたらした、数少ない良いことの一つなのかもしれない。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ