2019/3/22

4756:新型3シリーズ  

 BMWのディラーの営業担当者は結構頻繁に連絡してくる。現在乗っているBMW 523iは今年の9月に最初の車検を迎えるが、もちろん3年で買い替える気はない。

 その都度、「まだ最初の車検も通していないからね・・・」と返答しているが、「冷やかしでもいいですから来てください・・・」とその営業マンは応じる。

 車の買換えは大概2回目の車検を通した後に検討を始めることが多い。2回目の車検を通すころには走行距離が10万キロを超えている。

 その頃合いになると、何かしらの不具合が出てくる。修理代がそれほどかからない箇所の修理なら修理するが、相当額に上る場合には「もう買い替え時かな・・・」と思い始めるのである。

 BMW 523iの前に乗っていたMercedes-Benz E350は走行距離が12万キロを超えたところでエンジンに不具合が出た。

 「修理代は60万円ぐらいでしょうか・・・」というサービス担当のスタッフの答えを聞いて、買い替えを決意した。

 BMW 523iの現在の走行距離は49,673キロである。納車から約2年半であるので、やはり2回目の車検を通すあたりで10万キロを超えるであろう。

 その営業マンからスマホに連絡が入った。「新型3シリーズの試乗車が入りましたが、一度いかがですか・・・?」といった内容であった。

 「3シリーズね・・・買い替える気はないけど・・・」

 「かなりいい出来ですよ・・・今度の3シリーズ・・・」

 「そう、じゃあ・・・乗ってみようかな・・・」

 という話の流れとなり、今日は仕事を早めに切り上げて、車に乗ってディーラーを目指した。事務所の駐車場から30分ほどでディーラーに到着した。

 ディーラーの駐車場に車を停めて、建物の中に入っていった。モダンな内装の建物の中には展示車が綺麗に並んでいた。

 その中には、もちろん新型3シリーズの展示車もあった。3シリーズはBMWの屋台骨を支える基幹モデルである。

 1シリーズやFFの2シリーズ、SUVのX1やX3なども人気があるようであるが、今でも一番売れているのはやはり3シリーズである。

クリックすると元のサイズで表示します

 新しい3シリーズはキドニーグリルの形状に変更が加えられ、フロントライトのラインがよりシャープなものとなった。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ