2007/6/28

471:ウィンブルドン  

 1回戦では非常に綺麗であったウィンブルドンの芝も、2回戦になるとベースライン付近は芝がはげて茶色がところどころ目に付くようになってきた。

 これが決勝戦になると、その茶色はより広がり、芝も荒れてくる。荒れた芝のためにボールが微妙に変化し勝敗の行方を左右したりもする。そういった点ではハードコートに比べて不確定な要素が入り込んでくる。

 メジャー大会で芝のコートを使っているのはウィンブルドンだけ。イギリスという国が伝統といったものをとても重んじていることが伺える。

 ゴルフでも全英の中継を見ていると、「これが本当にゴルフ場であろうか?」と思ってしまうような時がある。あまり自然に手を加えすぎずに、かなりそのまま的なところがあるのである。もちろん手を入れるべきところはしっかり手を入れているのであるが、それをこれ見よがしには決してしない。

 むしろ、「手は入れていませんよ。ほとんど自然のままですよ。」といった風情を重視する傾向があるようだ。

 芝のテニスコートも試合が進むと荒れてきて、ボールがイレギュラーしたり、選手が足を取られたりといったことがあるが、そういった時間の経過をそのまま表すことをよしとする。効率や正確性のみをただひたすら追求するのではない、イギリス気質のようなものが感じられる光景である。

 オーディオにもそういったイギリス気質的なものを取り入れたいといった気持ちになるときがある。オーディオ的な諸要素のクオリティアップをひたすら追求するだけでなく、ゆとりというか「柳に風」的なひょうとひょうとした風情がその音から感じられた方が気持ちが落ち着く。

 先日、Sugar邸で聴かせて頂いた、ケンブリッジオーディオのデジタルケーブルからは、ハードコートでのテニスではなく、多少芝が傷んで土が露出している芝のコートでのテニスを思わせる風情があった。高音は決して抜け切ってはいない。やや、ナローレンジにも感じられた。しかし、味わい深さがあったような気がする。



2007/6/29  23:32

投稿者:tao

oopsさんコメントありがとうございます。
オーディオって装置そのものも極めて強い魅力を持っています。所有欲を常にかきたてられます。
そして、オーディオでしか聴けないような音を追求する楽しみもあります。
さらにセッティングやアクセサリーで音を調整する楽しみもあります。アクセサリーにより音が結構変化するのでついつい砂地獄のようにはまり込んでしまう危険があります。
そして当然音楽そのものを聴いて感動する楽しさもあり、何が一番重要なのかはひとそれぞれです。
私などはその魅力の各方面に目がいって視点が定まらず右往左往しています。最近は、音楽に軸足を置きたいと考えていますが、いつも足を踏み外しているといった感じです・・・

2007/6/29  0:07

投稿者:oops

よくわかりますという、共感的な気休めはのぞんでおられないのは分かりますが、オーディオには人の欲望を追い求めさせる魅力とともに蠱惑もあります。
嫌になるときと、いったい自分は何を求めているのかという哲学的なものも考えさせられます。

逆にいうと、オーディオには一部の人をそこまで魅了する人の音があると言うことでしょうか。

音楽に酔うのか、音に酔うのか。機械に酔うのか。

杜甫のように池に落ちないように気を付けないと・・・


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ