2018/10/20

4603:前日受付  

 今日の午前中、町田市にある顧問先の会社での打ち合わせを終えた時に、少し考えた。「当日受付のために1,000円のプラス料金を払っているが、前日受付を済ませようかな・・・そうすると明日の朝は少しのんびりできる・・・」

 明日は「箱根ヒルクライム」の本番である。前日受付が原則であるが、エントリフィーにプラス1,000円を払うと当日受付が可能であった。

 昨年は当日受付で参加した。しかし、当日受付の場合、受付時間は5時半から6時半までと早い時間帯である。

 自宅から受付場所である小田原競輪場までは2時間ほどかかる。そのため朝の4時頃に家を出なければならない。

 前日受付を済ませておけば、ゴール地点まで運んでもらう荷物の受付時間が9時から10時までであるのでに7時に自宅を出れば間に合う。

 「じゃあ、行ってみるか・・・天気も良いし・・・」というこで、町田市から小田原市へ向かうことにした。

 前日受付の会場は、当日受付の会場である小田原競輪場ではなく、何故かしら「ヒルトン小田原リゾート&スパ」であった。

 「なんだか妙にセレブっぽいところで受付をするんだな・・・」と思いながら、ナビをセットした。

 横浜町田ICから東名高速に乗って、途中から小田原厚木道路に乗り換えた。しばし小田原厚木道路を進んで、さらに西湘バイパスに入り石橋ICまで行った。

 石橋ICの出口は渋滞していたが、それ以外はスムースに流れていたので快適なドライブであった。海岸沿いの道路は晴れていると気持ちが良いものである。海を視界の左側に見ながら進んでいった。

 ナビの指示により途中で右折した。右折してしばし行くと、斜度が厳しい坂道が「ヒルトン小田原リゾート&スパ」まで続いている。

 この道を自走で走るロードバイクを数台見かけた。「この坂は結構きつそうだな・・・」そう思いながら、その脇を通り抜けていった。

 やがて目的地である「ヒルトン小田原リゾート&スパ」の立派な建物が目に入ってきた。広い駐車場の一角に車を停めた。 

クリックすると元のサイズで表示します

 海を一望できる高台に建つこの高級ホテルは大きなスパ施設も有している。インターネットで調べると1泊の料金は24,000円ほどであった。

 このホテルの2階の一室が受付会場になっていた。着いた時には受付が始まったばかりの頃合いであった。10名ほど並んでいる列に並んで、順番を持った。

 列に並んでから10分ほどで受付が済んだ。ゼッケンや計測チップ、参加賞などが入った袋を受け取った。

 時間に余裕があれば、この豪華なホテルで海を見ながら優雅にランチという選択肢もあったが、夕方から仕事の予定が入っていた私はすぐさま踵を返した。

 帰りは来た道を逆方向に進んだ。晴れた空を背景に帰路では右側に海を見ながら車を運転した。こんな爽やかな青を目にするのは随分久しぶりのような気がした。

クリックすると元のサイズで表示します

 東京では、ここのところ曇り空が続いていた。ようやく晴れた。そして、明日の天気も良さそうである。

 箱根ターンパイクをロードバイクで駆け上るヒルクライムレースに参加するのは3年連続となる。

 10月は、天気が悪かったこともあり、あまり走り込めていない。コンディションは良いとは言えないので、自己ベスト更新はかなり難しい状況ではあるが、今自分ができる範囲で頑張るしかないであろう・・・




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ