2018/2/8

4249:KRELL  

 JR中央線の国立駅を降りると「大学通り」と名のついた大きな通りがまっすぐに伸びている。その通りは立派な桜並木になっていて、花の季節には淡い桜色に染まる。

 そのメイン通りを中央として放射線状にサブの通りがやはり同じくまっすぐに伸びている。街がしっかりとした都市計画に基づいて作られたことが窺える。

 そのせいか、住所も分かりやすい。「西」「中」「東」・・・その意味するところが明快な住居表示である。

 グールドさんのお宅は、その国立市の「西」にある。国立駅を背にして右斜めに向かって真っすぐに続いている道を歩いて行った。

 その通りにはほぼ同じくらいの間隔で枝道が生えている。その枝道もまっすぐに続いていて、その多くが一方通行になっている。

 その中の一つの道に向かって右折した。駅からは15分ほど歩く必要がある。日中は太陽が陽光を降り注いでいるので、それほどは寒くなかった。

 国立は高級住宅地であり、綺麗な家が立ち並んでいた。しっかりと歩いて多少足が疲れた頃合いにグールドさんのお宅に到着した。

 グールドさんのお宅は設計士に依頼して建てられたもので、優れたデザイン性を有している。外壁は濃いめの茶色に塗装されている。全体はスクエアな形状のシンプルなものであるが、所々に優れたデザインセンスをうかがわせる。

 その家の一つの部屋はオーディオ専用に充てられている。部屋は4対3ぐらいの比率の長方形をしていて、8畳ないくらいの広さである。

 グールドさんはKRELL好きである。ただし現在のKRELLではない。「今のKRELLはもうKRELLではないですから・・・」とグールドさんはスパッと切り捨てられているようである。

 そのKRELLラインナップは、CDプレーヤーがCD-DSPで、プリアンプはKSL-2、そしてパワーアンプがKSA-150である。

 この時代のKRELLにはあまり詳しくないので不確かであるが、これらはほぼ同じ時代のKRELLのように思われる。

 それらの渋い色合いとデザインのKRELLのオーディオ機器たちは、分厚いガラス製の棚板が印象的なMUSIC TOOLS製の3段ラックに納められていた。

 そしてその3段ラックを真ん中にして、両サイドには、Wilson AudioのCUBが、サウンドアンカー製の専用のスピーカースタンドに乗せられ設置されていた。

 「CUBは絶対にオリジナルです・・・MK2にはがっかりしました・・・」と、グールドさんは初代CUBに対する思い入れが強いようであった。

 グールドさんは木曜日と日曜日、仕事が休みである。今日は国立市にあるクライアントに寄る予定があり、その約束の時間は午後5時であったので、3時にグールドさんのお宅に立ち寄って、2時間ほどかけて、とある「実験」をグールドさんのリスニングルームで行う予定であった。

 その実験のための道具は書類カバンとは別の薄い布製の手提げカバンの中にひっそりとしまわれていた。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ