2017/8/31

4189:プラグインハイブリッド  

 6年間乗り、12万キロ以上の距離を共に走ったMercedes-Benz E350を現在のBMW 523iに乗り換えたのは、昨年の9月末のことであった。

 それからもうすぐ1年が経過しようとしている。納車から1年が経とうとしているので、ディーラーで法定点検を受けることになった。

 東大和市にあるBMWのディーラーに車を持ち込んだ。法定点検とともにボディーのコーティングも依頼した。

 完了するのは明日の夕方になるとのことなので、代車を頼んでおいた。「代車を用意してきます・・・」とサービス担当のスタッフが言って、建物を出ていったので、私は出されたアイスコーヒーを飲んだ。

 アイスコーヒーにミルクとガムシロップを入れてストローでかき混ぜた。真黒であった液体は茶色に変わった。

 アイスコーヒを半分ほど飲んだころに「用意できました・・・」と先ほどのサービススタッフが呼びに来た。

 建物の外に出ていくと、駐車場にはBMWの3シリーズが停まっていた。「代車は、こちらの3シリーズです・・・」とドアを開けてもらったので、その中に乗り込んだ。

 基本的な操作は当然同じメーカーの523iと同じである。フットブレーキを踏んで、ステアリングの左側にあるエンジンボタンを押した。

 しかし、無意識に期待したエンジン音がしない。「あれっ・・・」と思って、改めてインパネを見ているとそこには「E-POWER」の表示があった。

 「あっ・・・ハイブリッドね・・・」

 と、了解した。その3シリーズは330eであった。日本やドイツの各メーカーが今最も力を入れているとも思われるプラグインハイブリッドである。

 その静かな車内に多少の違和感を感じながら、車を進めた。しばらく走りながら、いつエンジンが始動するのかと固唾を飲んで待っていたが、街中を流しているだけでは、全てモーターだけで走るようである。

 バッテリーの残量はインパネの下に表示されている。残量はまだまだ十分にある。その残量が心許なくなるとエンジンの出番が来るようである。

クリックすると元のサイズで表示します

 内装はハイブリッド車だからといって普通の3シリーズと変わりはない。基本的なレイアウトは5シリーズと似ているが、やはりかけられるコストの制約からか、少しづつ質感が下がる感は否めなかった。

 モーターでの発進及び走行は、アクセルペダルの踏み込み方に素直に反応してストレスフリーである。モーターだから力感がないという感じは全くしない。

 信号待ちでのストップアンドゴーにおいて、エンジン車であればアイドリングストップからの発進時にはブルンッとエンジン始動の振動が伝わるが、プラグインハイブリッド車であれば、全く振動がなくスマートに発進する。

 残念ながら初日はバッテリーの残量が十分にあったのと、街中走行だけでアクセルをぐっと踏み込む必要性がなかったので、エンジンが始動することはなかった。

 そのかわりバッテリーの残量は目に見えて減っていった。二日目となる明日はさすがにエンジンが活躍する出番もあるであろうと思われた。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ