2017/8/7

4165:フィット  

 最終日の3日目は、レンタカーを借りて島内観光をする予定であった。朝の9時にホテルまで持ってきてもらった車はホンダ フィットであった。

クリックすると元のサイズで表示します

 石垣島はこの時期レンタカーで溢れている。ほとんどのレンタカーがBセグメントのコンパクトな5ドアハッチバック。

 一番多く見かけるのが、トヨタ ビッツ。その次がホンダ フィット。あとは日産 マーチとマツダ デミオが同じくらいか・・・何故かスズキ スイフトは見かけなかった。

 フィットに乗って出かけた。天気は晴天である。今回の旅行ではどうにか台風5号の影響はほとんど受けることはなかった。唯一初日に那覇空港からの乗り継ぎの飛行機が2時間ほど出発が遅れたのが、台風5号によって被った影響である。

 玉取崎展望台・・・石垣島サンセットビーチ・・・平久保崎灯台と3箇所の観光名所を巡った。いずれも「ここまで来て良かった・・・」と思わせる絶景を堪能できた。

クリックすると元のサイズで表示します

 特に石垣島の最北端に位置する平久保崎灯台から眺める海は、格別な感があった。強い直射日光に含まれる紫外線は、東京の4倍とのこと・・・紫外線対策は相当厳重にする必要があった。

 ホンダ フィットは軽快に走った。コンパクトで実用的な車である。足回りやエンジンの質感、シートの出来には、多少コストの影響か、軽めの腰高感とでも言うべきものを感じたが、それほど長い距離を乗るのでなければ、疲労感は少ない車である。

 予定の観光スポットを全て巡った後に石垣空港へ向かった。帰路の飛行機には大きな遅れはなかった。

 那覇空港での乗り継ぎもスムースにいき、夜の7時半に羽田空港に着くと、現実の世界に戻ってきたことが痛感された。

 それは家族も皆同じようで「東京に戻ってきてしまった・・・」という感情からか、羽田空港内で、夕食にタンメン専門店でタンメンを食べている時にも、表情は皆さえなかった。唯一、タンメンは野菜の旨みがしっかりと出ていて美味しかったのが、救いであった。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ