2016/12/22

3937:香港 A型  

 ロングライドとチームの忘年会が行われた日曜日、その全ての予定を終了してベッドにもぐりこんだ。喉の痛みと体の倦怠感はよりはっきりとしたものとなっていた。

 そして、その日曜日に続く翌日の月曜日からの数日間は、地獄での責苦を思わせるような苦しさが待っていた。

 悪寒を伴う高熱が続き、全身を激しい倦怠感が襲った。喉の痛みは耐えがたいほどで、体は疲弊の極みへ落ち込んでいった。

 「これはただの風邪ではないな・・・」と思って、自宅の近くの内科を受診した。「インフルエンザかもしれないから、事前に電話しないと・・・」妻が電話で確認すると「夕方の5時に来てください。表の入口の左側にインターホンがあるからそれを押してください。そのうえで裏側の入口から入るようにしてください。」とのことであった。

 その指示通りに裏口から院内に入った。そこでインフルエンザの検査を行った。その後医師の診察を受けた。

 「インフルエンザ 香港 A型」それが診断結果であった。インフルエンザに罹患するのは随分と久し振りである。

 おそらくここ10年ほどは罹患した記憶がない。「こんなに苦しいものだったのか・・・」とインフルエンザの症状の苛烈さに少々驚いた。

 ロードバイクでのヒルクライムレースに参加するようになって、ある程度の苦痛には普通の人に比べ耐性はある方だと思っていたが、インフルエンザの苦痛には早々に白旗を上げる破目に陥った。

 内科で処方してもらった薬は、抗生物質と咳の薬、さらに解熱剤であった。解熱剤は飲むと熱は一時的に下がるが、治りが遅くなると聞いた記憶があった。

 「飲まない方が良いんだよな・・・」と思いつつも、あまりに苦しいので解熱剤を二度口にした。解熱剤を飲むと熱は下がった。しかしそれは一時的で、薬の効果が切れるとまた上がった。

 木曜日になってようやく高熱は引いてきた。しかし、体の倦怠感と違和感は残ったままで、最低でも今週一杯は安静にしていた方が良さそうである。

 25日の日曜日は今年最後のチームでのロングライドが行われる予定であるが、参加の方は絶望的であろう。



2016/12/24  9:17

投稿者:tao

omoemonさん

インフルエンザの辛さを再認識しました。
私も一日も早くこの鬱陶しい体調を克服して、ロードバクで疾駆したいです。

2016/12/24  9:15

投稿者:tao

seiboさん

人生の基本は健康ですね・・・それが崩れたら、本当に大変です。来年からはインフルエンザの予防接種をしようと決めました。

2016/12/23  21:05

投稿者:omiemon

taoさんもインフルでしたか。。
苦しさわかりますよ〜。また元気になったらヒルクライムしましょ!
ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

2016/12/23  8:12

投稿者:seibo

僕も火水木と鼻水と咳と倦怠感があったので珍しくジムを2回休みました。風邪ひくと当たり前の健康状態の時がいかに楽だったかわかりますよね。
お大事に!

http://eranderu.exblog.jp/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ