2007/3/31

383:大ホール  

 月におおよそ1,2回、クラシックのコンサートに出かける。ホールは東京郊外の市民会館が多い。市民会館なのであるが、ホールには大概カタカナの名前が付いている。立川市の場合はアミュー立川、小平市の場合はルネ小平、東大和市の場合はハミングホールなどなど。その名前は、いまひとつさえない感じがするが、車ですぐのところにあるので楽である。

 私は特にクラシックに造詣が深いというわけではない。膨大なレコードやCDのコレクションがあるわけでもない。従前はCDもコンサートの休憩時間にホールで買うといった程度であり、購入数もたいしたことなかった。

 オーディオに興味を持ち始めてから、多少CDを購入するペースは上がったが、それでも一般的なオーディオマニアに比べるとその購入枚数は相当少ないはず。どちらかというと気に入ったCDを繰り返し聴く習性があるようで、あまり多くのCDを必要としないようだ。

 であるので、壁一面が膨大な量のCDで埋め尽くされているといったことはない。リスニングルームとは別室の納戸にCD用の棚を二つ置いてそちらにしまっている。聴きたいCDを数枚選んでリスニングルームに持ち込み聴くというスタイルである。

 今日はピアノ・バイオリン・チェロの構成の室内楽のコンサートに行ってきた。奏者はピアノ:及川浩治 バイオリン:石田泰尚 チェロ:石川祐支。実力派の若手である。演奏も、若手らしいエネルギッシュで爽やかな演奏であった。

 ピアニストの及川浩治さんはまさに「熱情派」といった熱い演奏を聴かせてくれた。既にCDを何枚か出しているとのことである。

 ピアソラからモーツァルトまで幅広い選曲で、曲によって奏者の構成を変えたりと、飽きさせない練られたプログラムであった。

 大ホールであったので、室内楽の演奏の場合、音の響きが若干寂しく感じるときがあった。もう少し小さめのホールのほうが室内楽の演奏には適しているのかもしれない。

 コンサートでのホールの空間の大きさと演奏側の編成の大きさに丁度良いバランスがあるように、オーディオの場合も室内の空間とスピーカーの大きさについて最適のバランスがあるのかもしれない。

 我が家のリスニングルームのように比較的狭い空間ではコンパクトなスピーカーのほうがバランスが良いのであろう。先日のConcertinoの鳴りっぷりの良さからそう感じさせるものがあった。HRS-120では若干容量オーバーなのかも知れない。しかし、そこは何とか技量でもって上手く調整したいところだが、その肝心の技量がないのが困りものである。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ