2007/3/26

378:あざなえる縄  

クリックすると元のサイズで表示します

 「禍福はあざなえる縄のごとし」・・・今日は良いことが二つ、悪いことが一つあった。まず良いことの一つ目は、上の写真のとおりHRS-120 CARBONが復帰した。今回は早かった。前回は約2ケ月かかったのであるが、今回は2週間である。

 そして、チェック用のCDをかけてみたが、一発クリアであった。最初の音が出た瞬間から前回と違いクリアで澄んだ音がしていた。「良かった〜」というのが正直な気持ちである。「歪みがでないまでも今借りているノーマルバージョンよりも音が見劣りする場合どうしようか・・・」と一抹の不安を抱えていたのであるが、杞憂に終わった。

 それとは反対に、がっかりしたことはEmm LabsのCDSDのトレイが開かなくなったのである。何度OPENボタンを押しても開かない。電源を一旦OFF、しばらくして電源ONにして同じことをしても開かない。

 押してもだめなら引いてみな・・・しかしトレイを無理やり引っ張り出すこともできない。何度ボタンを押してもだめ、リモコンキーも試したがうんともすんとも言わない。ということでCDSDはお借りしていたHRS-120のノーマルバージョンと共に上遠野さんに引き取られていった。CDSDは1年2ケ月の使用期間ではじめての故障であるが、これが早いのか遅いのかは分からない。結構作りがちゃちであるCDSDであるのでいつかはこんな日がくるのではないかとは思っていたが、「やはり・・・」といった感じである。

 もうひとつ良いことがあった。それは撤去作業が早く済むようにHRS-120のノーマルバージョンを上遠野さんが来られる1時間ほど前に玄関口に片付けたのであるが、そのぽっかり空いた空間を見ていて、「そうだConcertinoをこの部屋で聴いてみよう。」と思いついたのである。
 
 そして、実際に聴いて「あけてビックリ玉手箱!」であった。相当いけるのである。「バベル」の菊地凛子さんではないが、助演女優賞を差し上げたい気分である。充分主役を食ってしまえる名演である。小型2ウェイの潜在能力の高さをあらためて気付かせてくれた。



2007/3/27  23:43

投稿者:tao

Pontaさんコメントありがとうございます。
HRS-120 CARBONは精悍です。この滑らかな黒は本当に素晴らしい。しばらく手元を離れていると特に強くそう感じます。思わず綺麗なクロスで拭きたくなってしまいます。
セッティングの煮詰めやエージングはまだまだこれからですが、あくまで「主役」として頑張ってもらうつもりです。
しかし、Concertinoの「助演」も凄い名演技だった。ときどき2階から降りてきて、その美声を聞かせてもらうことになるでしょう。
両方のスピーカーが比較的軽く一人で移動できるもので本当に良かったです。

2007/3/27  23:38

投稿者:tao

GRFの部屋さんコメントありがとうございます。
スピーカー位置の実験については早速試してみて、また御報告します。
Concertinoはこの部屋のエアボリュームとマッチしているようです。サウンドステージの広さや音楽のスムースさは相当高レベルでした。
サブスピーカーがあると色んなことに対する気付きやヒントを与えてくれます。

2007/3/27  6:26

投稿者:ponta

まずは、「憧れの君」の復帰、おめでとう御座います。二人の「憧れの君」の共存と言いますか、棲み分けと言いますか、どうなっていくのか、興味深々です。益々のご活躍をご期待申し上げます。

2007/3/26  23:03

投稿者:GRFの部屋

Taoさん、とにかく復帰おめでとうございます。良かったですね。
ちょっと、実験の提案があるのですが、今置かれている位置の延長上
で、SP一つ分こちらに寄せて聴いてみていただけますか?だいぶ部
屋の中央に来る感じですが、壁の影響から逃れ、尚かつ3次元的な音
がでそうな気がしますので、、。
Concertinoは部屋のボリュームとマッチしているから、悠々と鳴るの
では無いでしょうか?いずれの場合でも、小型2ウェイを凌駕するの
はむずかしいようです。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ