2015/9/30

3302:Sabrina  

 Wilson Audioの新製品の名前は「Sabrina」である。Sophiaの下に位置し、Wilso Audioのフロアタイプのスピーカーとしては最も小さなモデルである。

 日本の一般的な広さのリスニングルームには最適のサイズではないであろうかと思われるコンパクトな形状をしている。

クリックすると元のサイズで表示します

 サイズはコンパクトになったが、ぱっと見てすぐにWilson Audioと分かる外観をしている。Wilson Audioのスピーカーを見ていると、やはりどうしてもロボットを連想してしまう。

 「Sabrina」と女性の名前の製品名がつけられているが、すっすっと前に滑らかに滑り出してきて、人工的な合成音声で「何か御用はありませんか・・・?」と女性の声が流れてきそうである。

 輸入代理店の方の説明の後何曲かのデモ演奏が始まった。「Sabrina」は屈託なく、のびのびと音を放出する。

 低域の量感についても不足感を感じさせることはなく、明るめの音色である。鬱屈した陰りのないその音には、その名のとおりアメリカの若くエネルギッシュな女性の感があった。

 次はMSBという高級なDAコンバーターで有名なメーカーのデモが行われた。MSBの創業者が自ら製品の特徴を説明した。

 そしてMSBの二つDAコンバーターの聴き比べが行われた。スピーカーはSabrinaからLumenwhiteの大型のスピーカーに変更された。

 MSBのエントリーモデルである「Analog DAC」で数曲聴いた後、同社のフラッグシップモデルである「Select DAC」に切り替えて、また数曲聴いた。こうやって聴き比べてみると、やはり高級な製品の方が音が良いことがよく分かる。

 Wilson Audioも「Sabrina」の次は「Sophia」、さらにその次は「Sasha」といった具合に、より上級なモデルに切り替えての聴き比べなんかをやってくれたら、きっと面白かっただろうな、と思ったりもした。

 しかし、DAコンバーターを切り替えるのとは違い、Wilson Audioの重量級のスピーカーを入れ替えるのは、相当な重労働であるから、現実的ではないのかもしれない。

 結局、アクシスのブースで1時間ほどを過ごして、東京インターナショナルオーディオショウの会場を後にした。

 オーディオに入り込むようになった2006年から4年ほどは毎年訪れていたが、その後5年ほどは全く足が遠のいていた。随分久しぶりに訪れた東京インターナショナルオーディオショウは、やはり以前と変わらず、華やかで、きらびやかな世界であった。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ