2015/5/29

3358:スマホ  

 事務所のそばのAnytime Fitnessは24時間営業のスポーツジムである。大型のスポーツジムのようにプールやスタジオはなく、こじんまりとした施設である。その分会費が安く、いつでもやっているのが特徴である。

 夜の8時過ぎにそのAnytime Fitnessの入り口を開けるために、専用のカードをセンサーにかざした。すると入口の扉の施錠が解除される。

 手際よく着替えを済ませて、自販機でスポーツドリンクを購入した。エアロバイクの置いてあるコーナーに行って、ゆっくりと跨った。

 今週は疲れを軽減させる週である。エアロバイクをゆっくりと漕ぎだす。ペダルの重さ設定は軽めの設定で、脚はくるくると軽快に回る。

 普段は重い設定にするので、少々心許なく感じる。平地をロードバイクでゆっくりめのスピードで流すような感じである。

 心拍数は120を超えない程度の負荷でペダルを漕ぎつづけた。エアロバイクの画面には小さなテレビの画面がはめ込まれている。イヤホンを繋いで、そのテレビ画面を観るでもなく眺めていた。

 携帯電話やスマホを置く所定の位置にSONY EXPERIAを置いていた。漕ぎ始めてしばらくした時であった。そのスマホ画面の色合いが変わった。着信があった。

 耳にしていたイヤホンを外して、スマホを手に取った。スマホ画面の所定の位置を右手の人差し指で右になぞった。

 電話の主は「オーデョオショップ・グレン」のオーナーであった。オーナーの名前は「小暮」である。

 「あ〜小暮だけど・・・いま電話大丈夫・・・?」

 「ええ、大丈夫です・・・いまジムなんです・・・」
 
 「なんか、結構大きな音でBGMが流れてんだね・・・」

 「そうなんですよ・・・気分を上げるためでしょうね・・・」

 「それはそうと、以前Marantz2のこと話していたよね・・・実は今店に一セットあるんだよ・・・7も一緒に・・・」

 「えっ・・・珍しいですね・・・店で扱うのはイギリスのものだけかと思ってました・・・」

 「ちょっと昔からの知り合いに頼まれて、店で預かっているんだ・・・どう・・・聴いてみる・・・?」

 「それは、ぜひ・・・近いうちにお邪魔しますよ・・・」

 そんなこんなを話してスマホを元の位置に戻した。軽めのトレーニングであるので、汗の量もそれほどではなかった。

 普段のトレーニングであれば、とてもトレーニング中にはスマホには出れない。手が汗だらけなうえ、息が上がっているからである。

 45分の軽めのトレーニングを終えてから、シャワーを浴びた。温めの温度設定にして頭からシャワーの湯をかけた。

 「普段オーデョオオショップ・グレンではLEAKやQUADなどのイギリス製の古いアンプでTANNOYを鳴らしている。Marantzだとどんな雰囲気になるのであろうか・・・」

 シャワーの後、着替えた。今日の天気は曇り時々雨・・・ここ数日5月としては異例な暑い日が続いていたが、今日は一休みという感じで、気温は低めであった。ジムから外に出ると少し火照った肌に心地よい風が触れた。雨は止んでいた。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ