2015/3/29

3297:時坂峠  

 WAKOSのVARIOUS COATはスプレーして拭き取るだけのガラス系コーティング剤。車、バイク、自転車、ヘルメットから、ゴルフクラブ、釣りロッド、換気扇やクリア塗装の家具まで使えて、便利な優れものである。

 VARIOUS COATによってさらに艶々になったKUOTA KHANに跨って朝の7時に家を出た。TIMEのペダルにクリートを差し込む。

 SHIMANOの時は「バコ・・・」という感じの鈍い音がした。TIMEの場合は「カチャ・・・」と少し甲高い音がする。

 今日は昨日に続き暖かい一日になる予定であるが、心配されるのが午後の天気。午前中は大丈夫、しかし午後からは天気が崩れるというのが今日の天気予報である。

 そこで、今日の目的地は「時坂峠」に決まった。往復距離が80kmと短く、上りも時坂峠のみであるので、帰り道を高速走行すれば比較的早い時間に戻ってこれる。雨が降りだす前に戻ってくる目論見である。

 今日のロングライドの参加者は7名。ORBEA2台、RIDLEY2台、BH1台、MR1台、そして私のKUOTA1台という内訳である。

 朝のうちはウィンドブレーカーを着用していたが、走り出してしばらくすると暑くなってきた。今日も昨日の土曜日同様、気温は昼に向かってぐっと上がっていく予定である。

 空気は春らしく柔らかく感じられた。玉川上水沿いの道には桜の木が多い。昨日一日で桜の開花具合は進んだようである。4分咲きから6分咲きといった具合である。今日と明日も暖かい。満開は明後日3月31日ぐらいか・・・

 拝島駅そばのファミリマートで休憩を済ませ、国道16号をくぐって睦橋通りに出た。ここは広い道路。多少のアップダウンはあるがほぼフラット。

 睦橋通りは信号が多い。タイミングが悪いと信号にことごとく捕まる。今日も何故かしら毎回のように赤信号で捕まった。

 途中メンバーの一人がパンク・・・歩道でバンク修理を済ませて、武蔵五日市駅を目指した。駅前の交差点を左折して緩やかな上りが続く檜原街道を進む。

 檜原街道に入ると風景は徐々に変わっていく。人家が少なくなっていく。木々に覆われた場所を通ると空気が変わる。すっと気温が下がる。マイナスイオンが充満しているかのような爽やかな空気感である。

 檜原村役場を右手に見てやり過ごすとやがてT字路が出現。ここを左折すると「都民の森」に続く。右折するとやがて時坂峠の上り口に着く。

 今日は右折した。少し走ると有名な豆腐屋さん「ちとせ屋」が見えてきた。この「ちとせ屋」のすぐ手前を左折していくと時坂峠の上り口に到着した。

 時坂峠の上りは3kmと少し。距離は短いが斜度はしっかりとある。上り口には右側に駐車場があり、ハイキングに来た人々の車が結構な台数停まっていた。

クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ