2007/1/31

カーボン  

 金属を叩くとシャープな音がすることが多い。木を叩くとどちらかというと暖かみのある有機的な音がする。そういう点では見た目どおりの響きがする。

 オーディオ用のインシュレーターやラックは様々な製品が出ているが、大まかに分けると金属系とウッド系に区分されることが多い。ではカーボンはどちらなのであろうか?金属系に近いような気もするが、叩いてみた響きの感じはウッド系に近いような気がしないでもない。

 固有な響きがあまりしない素材なのであろう。そういう点ではオーディオ用に向いている素材である。HRS-120 CARBONはその名のとおりエンクロージャー表面の素材がカーボンである。音的にも良い効果があるのであろうが、見た目的にもこれが結構良いのである。

 もちろん好き嫌いはあるであろうが、あの独特の編みこみのような模様とヒヤッとするクールな質感は好きな人には堪らない独特の魅力がある。

 車の内装にも使われることがあるが、カーボンを内装に使う車種はどちらかというとスポーツモデル。スパルタンな質感をエクステリアだけでなく、インテリアにも出したい場合にはうってつけの素材であるようだ。

 カーボン内装はそのスパルタンな印象からして、黒い皮のシートと相性が良いような気がする。皮のシートの香りを嗅いで視線をカーボンのパネルに移すと、ついついハイテンションになり、アクセルに乗せた足をぐいっと踏み込みたくなる。

 話をオーディオに戻すと、カーボンが素材としてもっともよく用いられているのは、インシュレーターであろう。様々な製品があるが、結構高価である。今我が家ではスピーカーと床の間に挟んでいるインシュレーターにはthe J1 projectのものを使用中である。これはカーボン素材ではない。一度これをカーボン素材のものに変えてみたい。

 オーディオショップでよく見かけるのはBlack Diamond Racingである。何種類か製品があるが、その表面を見ているとカーボン独特のクールな質感が気持ち良い。あの透明感のある独特の編込みには強く心惹かれる。



2007/2/1  22:02

投稿者:tao

ゆうけいさんこんばんわ!
ゆうけいさんもカーボンフェチなのですか。
あの独特のクールで艶かしい感じすらするカーボンの質感というのは魅力的ですよね。
私のスピーカーのエンクロージャーの表面にはカーボンがはってあるのです。
ということで、BDRとの相性は良いはずと思っているので・・・是非試してみたいところです。

2007/2/1  13:10

投稿者:ゆうけい

カーボンフェチのゆうけいです。イラク戦争の軍需景気のせいでBDRのボードが手に入らず泣いてます。ウィルソン・ベネッシュなんかも困ってるんじゃないでしょうか。

>HRS-120 CARBONはその名のとおりエンクロージャー表面の素材がカーボンである

そうか、HRS-120 CARBONも当然ながらエンクロージャーにカーボンを使ってるんですよね。そりゃ早くBDR試してみなくっちゃ(^o^)

http://moonmadness.cocolog-nifty.com/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ