2014/2/28

2905: 33 1/3r.p.m.  

 アームをSMEに変えるには、アームボードをSME用のものに変える必要がある。それは一般に市販もされていて、それほど高いものではない。SMEの3009SUそのものも中古で探せば、アームとしては高価とは言えない。

 現在市販されているアームは、いわゆるエントリークラスに分類されているものであっても、それなりの価格である。高級なものになるとびっくりするくらい高価である。数が出る商品ではないので、高価になるのもしかたがない面もある。

 そういった高価な価格からすると、中古市場で見かけるSMEのアームの価格が妥当なような気がしてしまうのは、一種の「錯覚」であろうか・・・

 アームを現行のEKOSからSMEに変える場合、問題はKEELである。KEELはアームボードと一体化されているため、LINNのAKITOかEKOSしか使えない仕様になっている。

 LINNの『囲い込み戦略』の一環であろう。私がKEELを導入したのはもう5年ほど前のことになる。従前の部品も保管してあるので、元の状態に戻すことは可能である。

 さらにカートリッジをSPUにするには、SME3009SUに専用の追加ウェイトが必要である。これも中古市場を隈なく探せば見つかるであろう。

 SMEのコネクターは独自規格である。専用のケーブルが必要である。アームに付属しているはずであるが、これはLINNの内蔵型フォノイコライザーとは適合しないであろう。

 そうなるとKEELを外し、内蔵フォノイコを外し、グレードアップ前の素のLP12に戻すことになる。となるとモーターも従前のタイプに戻したほうが全体のバランスもとれるであろう。モーターも従来型のものを取ってあるので、作業そのものはそれほど大変なことではないはず。

 アームをSME3009SUに変えると、結果としてLP12は一気に時代をさかのぼることになる。LP12、SME3009SU、SPUという組み合わせからは、しっかりと70年代の香りが漂う。

 Aさんの言葉を受けて私の脳内では考えがぐるぐると廻った。その回転は徐々に速くなり、 33 1/3r.p.m.で定速回転に移った。

 LP12は仕様を容易に変更することができるのが「売り」である。高価な最新式にも、あるいは発売開始の1972年当時の仕様にも変えることができる。

 「そうか変えられるのか・・・」固定観念からか、がちっとLINN純正仕様に固められているLP12を変更するという考えはなかなか思いつかなかった。少し目の前の風景が開けたような気がした。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ