2013/11/30

2816:撮影  

 私のスマホで「寧々ちゃん」のスウィングを撮影した。正面と背後から撮った。それを彼女に見せた。どう見ても、オーバースウィングになっているように感じられた。これは女性に多い症状である。

 「トップの位置に来た時に体が左に傾いているね。ここからダウンが始まるから、ミート率が悪くなるのかも・・・」

 映像を見ながらそう言うと、彼女は「思っていたよりも、トップでクラブを引きすぎっちゃっているわね・・・ちょっとかっこ悪い・・・」と言って笑った。

 次は彼女のスマホで私のスウィングを撮った。これも正面と背後からふた通りのアングルで撮影した。それをふたりで確認した。

 「やっぱりアウトサイドインの軌道になっているな・・・真後ろからの映像だと良く分かるね・・・気を付けているつもりなんだけど・・・まだ駄目だね・・・それにテイクバックを内側に引きすぎている・・・」

 ちょっとがっかりした。どう見てもきれいなスウィングとは言えない。これでは方向性が安定しないわけである。

 「トップでの左肩の入り具合も浅いかも・・・・」トップで動画を一旦停止してみて、その体の具合を確認してみた。

 そんなことを繰り返した。何度も繰り返して撮影してみる。その都度映像を確認してチェックポイントがどうなっているか目で見るようにした。

 撮影した映像を見ながら練習を繰り返したからといってすぐに修正できるわけではないが、やみくもにボールを打つよりは効果的な気がした。

 練習場には1時間半ほどいたであろうか。時計の針は8時半を指していた。そろそろ疲れてきたし、お腹が空いてきた。

 「食事まだでしょう・・・そろそろ行きますか?」
 
 「ええ、とてもお腹が空いた・・・」

 「今日娘さんは?」
 
 「バイトで遅くなるって・・・」

 二人はそれぞれの車にキャディーバッグをしまいこみ、練習場の近くにある「がってん寿司」へ向かった。

 寿司をつまみながら、再度スマホでそれぞれの映像を確認した。彼女は今晩は明るく饒舌であった。先週会った時のような暗い影は感じられなかった。

 「父親の死の事は意外と早く吹っ切れたのであろうか・・・7歳の時に別れたきりで心の片隅に淀んでいた父親の影が、その死によってすっと消えさっていき、心の透明度が上がったのであろうか・・・悲しい感情は時に浄化作用をもたらすこともあるのかもしれない。」

 「寧々ちゃん」の澄んだ笑顔を見ながらそんなことを思った。人の心の動きは不規則で不透明である。どのように動き、どんな感情をもたらし、そしてそれに対してどう反応するのか・・・一定の公式はないようである。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ