2013/5/31

2633:ジェニファー  

 「ジェニファー」の手は暖かく柔らかい。そして、その笑顔も暖かく柔らかである。7時少し前にダンススクールに着いた。

 入口を入り、フロアを見ると、今までに何度か見かけた小学生高学年らしい男の子と女の子のペアがラテンを踊っていた。

 どうやらこのかわいらしいペアは競技会に出るらしい「準決勝」がどうのといった話を講師の男性としていた。

 おそらく、小学生の低学年のころから熱心にやっているのであろう。複雑なステップで華麗に踊る。

 その様子を眺めながら、ダンスシューズに履き換えた。ダンスシューズはエナメル製で表面がピカピカしている。ちょっと気恥ずかしい風体である。

 「ジェニファー」はいつもと同じ笑顔で迎えてくれた。レッスンを受けるのは、何回目であろうか・・・確か5回目か6回目のような気がする。

 「ジェニファー」は、30代前半と推測される。既婚か未婚かは不明であるが、左手の薬指に指輪をしていないところを見ると未婚なのかもしれない。映画の「Shall We Dance?」のジェニファー・ロペスをも凌駕する魅力を持った女性である。

 映画では、遺言専門の弁護士であるリチャード・ギアが、通勤電車の窓から、ダンス教室の窓辺に悲しげな表情で佇むジェニファー・ロペスを見かけたところから物語がゆっくりと始まる。その魅力に惹かれてダンス教室の扉を開いたリチャード・ギアが徐々にダンスにのめり込んでいく過程が、個性的なダンス仲間たちとともに生き生きと描かれる。

 私の場合は、そういったロマンティックな過程を経て、ダンス教室の扉を開いたわけではない。「ウィンナ・ワルツを習いたいんですけど・・・」と入会を申し込み、体験レッスンを受けに後日ダンス教室を訪れた時に、担当となったのが「ジェニファー」であったのである。

 今日も今までの復習から始まった。少々腰が引けてしまう悪い癖があるようで、重心を足の指の付け根あたり、前目にキープする意識を持つ必要があるようである。

 復習の後は音楽に合わせて練習する。ナチュラルターン6回、クローズドチェンジ3回、リバースターン4回、クローズドチェンジ3回でフロアを1周する。曲が途切れるまで、フロアを1周、2周、3周と回る。

 ウィンナ・ワルツの音楽はゆったりと流れるようであるが、そのステップはかなりテンポが速い。足は素早く無駄なく動き、腰から上はすっとまっすぐで軸がぶれないようにしないといけない。

 これが結構体力がいる。ダンスフロア内はもちろん冷房が効いている。しかし、レッスンの後半に入ってくると汗が流れてくる。

 30分のレッスンは終わった。修正すべきポイントは多い。まだ5,6回のレッスンを受けたにすぎない。ようやく音楽に乗ってステップがとりあえず踏めるようなったという程度である。まだまだ、先は長そうである。 




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ