2013/4/16

2588:クロスカントリー  

クリックすると元のサイズで表示します

 4月はコンペが多い月である。顧問先の会社のコンペ、銀行のコンペ、税理士会のコンペ、異業種交流会のコンペなど。今日もそんなコンペに参加した。

 場所はレイク相模カントリークラブ。中央高速の上野原インターから10分ほどのところにあるゴルフ場である。

 天気は快晴。風も比較的穏やか。芝も色づき始め、ゴルフをするには絶好のコンディション。遠くに見える山々も春めいた表情をしていた。

 ゴルフ場は当然ゴルフをするところであるが、私にとってはゴルフ兼ランニングの場でもある。今ではゴルフ場のほとんどが乗用カートを導入している。しかし、極力乗用カートに乗らずに走るようにしている。

 ティーショットを打ったら、セカンド地点まで走る。セカンドを打ったらグリーンそばまで走る。グリーン周りで走りまわることはないが、ちょっとしたクロスカントリー気分を味わえる。

 もちろん走ると言っても全力疾走ではなく、ジョギング程度に走る。走っては止まって打つ。走っては止まって打つ。そういった繰り返しとなる。

 距離にするとどれくらいになるのであろうか。18ホール回れば、累計でそれなりの距離になるはずである。離れているホール間の移動時のみ乗用カートに乗るようにした。

 すると、当然のことながら結構疲れる。夏は脱水症状になる危険性があるが、今日のような春の陽気においてはその心配はない。

 さて、今年3回目のゴルフのスコアのほうであるが、前半は「47」といまひとつ。後半は「44」と私としてはまずまず。ショットの安定度は今一つであったが、パッティングはまずまずであった。

 前回は富士桜カントリー倶楽部の難しいグリーンに泣かされたが、ここのグリーンンは「8.5」とやや遅め。まあ、これくらいが普通なのであろう。距離感が合わせやすかった。

 春の陽光のもと、ゴルフを楽しみ、クロスカントリーもどきを楽しんだ。ゴルフを終えて風呂に入り、ささやかな表彰式をすませて、車に乗り込む頃には陽は西に傾いていた。体には結構な疲労感が溜まっているのが感じられた。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ