2012/10/27

2417:Shooting Brake  

 YANASEから発行されている「plaisir」と題された雑誌が定期的に自宅に送られてくる。車の記事ばかりでなく、それなりに面白い記事もあったりするので、ひとととり目を通すようにしている。

 その雑誌の中で目についたNEW MODELがCLC Shooting Brakeである。CLSは「プレミアム4ドアクーペ」という新しいジャンルを切り開いたモデル。先代からバトンタッチした2代目もそれなりの活躍を見せているようである。

 CLS Shooting BrakeはそのCLSのステーションワゴン版である。クーペのような流麗なデザインを優先したCLSというモデルに、ステーションワゴンの実用性を加えようとした・・・という趣旨であろうか。しかし、「水と油」という、気もしないではない。

クリックすると元のサイズで表示します

 写真で見ると、見慣れていないフォルムに腰の落ち着きの悪さを覚えてしまうが、なんだか近未来的な装いである。

 少し前の近未来もののSF映画に出てきそうな車である。そういう意味では「新しい車」なのかもしれない。

 CLSはクーペのようなスタイリングが売りである。しかし、そのために犠牲にされるものも当然ある。後席の居住性などもその一つであり、荷物の積載能力も同じくである。

 しかし、このShooting Brakeならそのへんのネガも見事に解消・・・というわけであろう。後席も3名乗車可能なシートになり、5名乗車ができるようになっている。

クリックすると元のサイズで表示します

 もともとCLSはニッチなモデルであった。いわゆる「隙間」をついたのである。そして見事に成功した。BMWは6シリーズで、AudiはA7で追撃しているが、CLSの後塵を拝しているようである。

 そんなCLSにステーションワゴン版を出す。隙間の隙間を突くような作戦であろうか。これが功を奏するのか・・・ステーションワゴンとクーペという相当かけ離れた分野のものを強力な圧力で一体形成した・・・そんな感じであろう。見慣れない分野の車であるが、それだけインパクトはあるようである。



2012/10/30  3:31

投稿者:tao

実はポルシェからもShooting Brakeが出るそうです。
パナメーラのワゴン版です。
ドイツ勢は、やはり勢いがありますね・・・

2012/10/28  22:19

投稿者:seibo

シューテングブレイクと言う名前がドイツ車で登場するとは思いませんでした。もともとイギリスの貴族がきつね狩り用の銃などを積んでいくための遊びのためのおしゃれなワゴンの名前だったので、ジャグアーにはもちろん存在していたのですが、まさかベンツが!そういえばミニもベントレーも今ではBMWですからね。世の中変わったものです。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ