2012/2/28

2175:軽量化  

 軽量化・・・これは重要なテーマである。ヒルクライムにおいて、軽量であるということは「善」である。なんせ重力に対抗して急峻な坂を上っていくわけであるから、軽ければ軽いほど有利ということになる。

 まずは人・・・その体重が重要になってくる。プロの世界でもヒルクライムを得意としている選手は、小柄で体重が軽い。

 残念ながら、私は身長が181cmと大柄である。体重は現在72kg。身長と体重のバランスは比較的取れているのであるが、体重72kgはヒルクライムにとっては致命的に重い。

 もう少し落としたい。目標体重は69kg。現在よりも3kg落とすことになる。身長とのバランスからするとやや痩せ気味となってしまう。

 大学生のころの体重は69kg。その当時の体重に戻すことになる。それ以上落とすと、かなり不健康な感じになってしまいそうであるので、目標はその辺に置いている。

 それが完了したら、ロードバイクの軽量化にも取り組みたい。今現在使っているORBEA ONIXは特に軽量なモデルではない。ホイールもごく一般的なものである。したがって、総重量はきっと8kg以上であろう。

 軽量モデルであれば、総重量が6kg台のものもある。funrideの今月号には、ヒルクライムに最適の軽量モデルが紹介されていた。

 軽量モデルは、やはり値段も高いものが多い。軽くするにはカーボンを薄くする必要がある。薄くても強度を保てるカーボンは、当然高級である。となると、価格はぐんぐんと上がる。フレームのみで50万円ほどのモデルが多い。

 それはホイールも同様、軽くするためには、素材としてはアルミよりもカーボンが有効である。カーボンホイールは値段もグンとあがる。

 カーボンだと、前後のホイールで20万円を超えるプライスタグは当たり前の世界である。ちなみに今私のONIXに装着されているホイールはセットで4万円。ざっと5倍の価格である。

 軽くはしたいが、思わず「う〜ん・・・」と唸ってしまう。しかし、ホイールを変えると走りが変わるともいう・・・チームのメンバーも口をそろえて、同じことを言っている。確かに効果はあるようである。

 人間の軽量化が完了したら、この辺にも取り組もうかと画策している。人の体重も軽量化し、ロードバイクも軽量化する・・・すると財布の中身も軽量化されてしまうのかもしれない。

 今晩は仕事終えてから、ジムに向かった。1時半ほどのトレーニングの後シャワーを浴びて、体重計に乗った。表示された数値は「71.6」・・・ほんの少し減った。 



2012/3/1  1:22

投稿者:tao

seiboさん、こんんばんわ!

確かにいくらロードバイクを軽量化したところで、それを駆るエンジンがしょぼくては「本末転倒」です・・・

その燃費の悪いエンジンを鍛えるべく、週に2,3度のジム通いをはじめました。即効性はないかもしれませんが、数ケ月経てば徐々にその効果も出てくるのでは、と期待しています。

2012/3/1  0:25

投稿者:seibo

何かの自転車の本に軽量化するくらいなら、その費用で肉食え!というのが載ってました。確かに車でも自転車でも一番大事なのはエンジンですから、これがしょぼいとそもそもすべてダメです!
しかし実際のところ僕なんかいくらお肉食べてもただの無駄食いになる可能性が100%です。確かにあまりに重い自転車は大変ですが、ちなみに僕の知人のGIANTは少なくとも14〜5kgはあります!そこそこ軽量なら後は肉食ったほうがいいのかも知れませんね?難しいところです。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ