2012/2/20

2167:スピードラーニング  

 石川遼が実践して、効果があったということで、今「スピードラーニング」は大変はやっている。英語のシャワーを浴びるように聞き流すだけで、英語が話せるようになる、というふれこみである。

 「えっ、聞き流すだけ・・・辞書も引かない、文法も考えない、今までの勉強した英語に関してはすべて白紙にして、ただ浴びるように聞くだけ・・・」

 正直に言うと「ほんとかな・・・」と言うのが感想である。「もし本当なら、こんな楽なことはない・・・」

 ということで無料試聴CDを頼んだ。すると無料試聴CDだけが届くのではなく、基礎編の第一巻と第二巻も一緒に入っていた。10日以内であれば、返品可能とのこと。ただし、開封していいのは無料試聴CDのみ・・・それ以外の本編は、正式に申し込んだ後で開けることになる。

 自宅と事務所の往復は車で行っている。片道30分程度、往復で1時間・・・この1時間の間英語のシャワーを浴び続ければ、英語が喋れる・・・かもしれない。

 3日ほど前からこの無料試聴CDを聴いている。「意味を考えない・・・今まで勉強した英語はすべて白紙に・・・」と言われても、ついつい、「現在進行形か・・・」とか「今のは完了形?」とか「いま何て言ったの・・・全然聞き取れない・・・」とか、ついつい左脳が回転してしまう。

 これは右脳を活性化して取り組むべき課題のような気がするが、ついつい左脳が出しゃばる。30分聞くと、少々頭が疲れる。「これでは、いけない・・・」

 聞き取れないと、いらいらする・・・「今何て言ったんだ・・・どんな単語だ・・・」という気持ちをいかに無視するかが、重要なのであろうか・・・

 聞き取れても、聞き取れなくても、気にしない・・・ただただ浴びている・・・そういう状態がお勧めのようである。

 もしかして、諦めずに浴び続ければ、耳が英語に慣れてくるかもしれない・・・もちろん長い時間の経過が必要かもしれない。毎日1時間365日欠かさず聞けば・・・1年後には、いや2年後には・・・そんな気にはさせてくれる。

 3日間無料試聴CDを聞いてみた。「少しは聞き取り能力がアップしたようなしないような・・・」微妙である。「申し込もうか、止めとこうか・・・」なかなか決断がつかない。別に仕事上英語を話す必要性はない。でも、英語が少し話せたらいいな・・・という思いはある。

 期限の10日間にはまだ数日ある。もう少し、聞きこんでみて、判断しよう。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ