2011/10/10

2035:温泉  

 我が家の家族は皆温泉好き。日帰り温泉にはよく行く。日帰り温泉はどこも繁盛しているようで、秋が深まってきた最近は、駐車場に多くの車が停まっている。

 今日の夜は、夕食後に小平市にある「テルメ小川」へ家族揃って行って来た。ここの温泉、お湯は赤茶けた色合いをしている。硫黄の匂いではないが、軽い匂いがあり、半透明である。

 温泉内の掲示板には、泉質は「ナトリウム―塩化物炭酸水素塩温泉(弱アルカリ性低張性温泉)」とある。そして効能の欄には「神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚炎、虚弱児童、慢性婦人病 」と書いてあった。

 車でいける日帰り温泉は結構な数がある。ほとんどが天然温泉であり、湯の具合は様々である。匂いはあるがほとんど透明な湯もあれば、多少白っぽい色合いをしていて、肌がつるつるになると宣伝している湯もある。

クリックすると元のサイズで表示します

 今日の午後には来客があった。ishiiさんとたくみ@深川さんである。実は我が家でOFF会があったのである。

 1階のリスニングルームでは、LP-12とCD-12が仲良くラックに納まり、QUADのアンプが淡いオレンジ色に照らされている。そして、TANNOY CHATSWORTHが清楚で素朴な姿を静かに湛えている。

 見る人によっては「なんとちゃちな・・・」という感想をもたれてしまうかもしれない。まあ、「どうだ!!」といった豪華さは微塵もないシステムではある。

 そして、その音も「どうだ!!」的な豪華さとは縁遠いものである。そんな感じなので、OFF会で聴いていただいた方のお耳に合うかどうかは、少々不安である。

 しかし、オーディオの音は温泉のようなもの、それぞれの温泉ごとに特徴があるのが、自然である。「正しい温泉」がないように「正しい音」もない。

 「肌に合う温泉」と「肌に合わない温泉」があるだけである。OFF会はその温泉の加減の違いを楽しむものである。

 わが家の温泉は、どちらかというと鄙びた風情、湯船も小さい。8畳ほどの広さである。木をふんだんに使っていて、天井高は通常の部屋よりも30cmだけ高い。

 設備は少々古びている。その古い設備をたびたび手直ししながら辛抱強く使っている。そんな「tao温泉」である。「湯の加減はどうであろうか・・・私の肌には合っているのだが・・・」そんな気持ちでお二人をおもてなしした。



2011/10/12  22:51

投稿者:tao

たくみ@深川さん、先日はお疲れ様でした。

たくみ@深川さんのお宅のシステムやオーディオルームと比べてしまうとかなり見劣りしてしまうシステムと部屋ですが、自分なりには、好きな方向の音でまとまっているように感じています。残念ながら、オーディオ的な凄みは微塵もない音ですが・・・

2011/10/12  20:04

投稿者:たくみ@深川

taoさん、レス遅くなりまして申し訳ありません。
先日はお招きいただきまして有難うございました。
チャトワースの持つ音楽性の豊かさ、幅広さに
改めて瞠目させられた思いです。
オーディオの年月を重ねられた方がタンノイに行きつく
境地が私にもひしひしと感じられました。
重ねて御礼申し上げますとともに、これからもよろしくお願いします。

2011/10/11  20:53

投稿者:tao

ishiiさん、昨日はお疲れ様でした。

そうでしたね・・・普段はほとんどクラシックオンリーなのですが、ジャズなどもなかなか良い感じでした。予想外でした。

またishii邸にもお邪魔させてください。

2011/10/11  2:53

投稿者:ishii

昨日はお世話になりました。

taoさんのシステムは、クラシック再生にシフトしたものと思っていましたが、JAZZやフォークソングにも、十分に対応できることがわかりました。また、拙宅にも遊びにいらしてください。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ