2010/10/31

1692:50:50  

 任天堂のWiiには体の重心位置を測定する機能がある。体重とともに体の重心がどこにあるかを画面で表示してくれるのである。私の場合、左足により体重がかかる癖があるようである。左右の足の重量バランスが左足53%、右足47%などと表示されることが多いのである。

 車の前後の重量バランスと同様、体の左右の重量バランスは、運動機能において結構重要な要素なのかもしれない。BMWは前後の重量バランス50:50に相当こだわっている。それはスムースで正確なハンドリングに欠かせない大きな要素と捉えているようである。

 Mercedes-Benzはその点に関しては比較的おおらかである。しかし、E350 BLUETEC STATIONWAGONは、ワゴンボディであるため後方の重量がセダンよりも重い。それが功を奏して車検証の重量前後配分がほぼ50:50なのである。そのためか、Mercedes-Benzにしては気持ちの良いハンドリング性能を有している。

 人体における左右バランスがどちらかにずれたままだと、いずれどこかに支障がくる可能性が高い。きっとゴルフスウィングにおいても、スムースで正確なスウィング形成に差し障りがあるはずである。

 そこで、2ケ月に1回の割合でチューバホーンさんが経営されている杉並区の「Pro・Fit」で体のゆがみを直してもらっている。1時間半の間じっくり施術してもらうと、左右の体のバランスがすっと整う。施術後は上がりにくかった右腕も軽くすっと上がり、右側がやや前方向に出てしまっている体のゆがみもすっきニュートラルに収まる。

 帰宅後、試しにWiiで体の重心測定を行ってみた。すると左右バランスはほぼ50:50となった。「さすが・・・」とひとり納得したのである。

 ひととおりからだの歪みが直ったところで、「Pro・Fit」の2階にあるチューバホーンさんのROKSAN XERXES20を少しだけ聴かせてもらった。

 ROKSAN XERXES20は、美しいプレーヤーである。色はメープル。アームはArtmiz。この造形は実にバランスが良い。そしてその音もバランスが良い。情に流れ去ることも、理知的に澄まし切ることもなく、そのバランス感覚は実に「50:50」なのである。



2010/11/2  0:49

投稿者:tao

チューバホーンさん、こんばんわ!

聴覚の左右差にも影響するのですか?
私はどちらかというと右のほうの音が大きく聴こえる傾向があるのは、もしかして体の歪みが原因かも・・・
オーディオをいじるのは「Pro・Fit」に行った直後にします。

2010/11/2  0:44

投稿者:tao

seiboさん、こんばんわ!

お察しのとおりです。数年前までLINN LP-12と肩を並べてわが家の1階のリスニングルームに鎮座していたXERXES20です。

LP-12をバージョンアップする軍資金の一部に充てるため手放したのですが、少々もったいないことをしました。

2010/11/1  17:29

投稿者:チューバホーン

昨日はお疲れ様でした。
身体のバランスを整えることにより、頭位も安定するので、聴覚の左右差も軽減します。
よって、Audioのバランス調整にもお役立ち出来ますので、ぜひお試しください。
 ただし、Audioと課程のバランス調整には、直接的な効果はありません(笑)



2010/10/31  22:23

投稿者:seibo

このロクサンってもともとTAOさんところに有ったやつではありませんか!


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ