2010/10/27

1688:PASSAT  

クリックすると元のサイズで表示します

 VWのPASSATがモデルチェンジした。しかし、厳密にはフルモデルチェンジではない。基本のコンポーネントはキャリーオーバーなので、実際にはマイナーチェンジなのである。しかし、エクステリアには大幅に手が加えられているので、外見上はフルモデルチェンジと言えなくもない。

 その外観は最近のVWのトレンドに従ったもの。GOLFに始まりPOLOでほぼ完成された造形である。一足先に発表されたJETTAはPOLOを若干拡大し、4ドアセダンにした感じにまとまっていた。PASSATはそのGOLF、POLO、JETTAと続いたデザインの流れをしっかりと踏襲していて、JETTAのサイズをさらに拡大して、より豪華にしたといった雰囲気を有している。

 PASSATのエクステリアデザインは、従前の円を多用するデザインから直線貴重のシャープなものになり、ワッペングリルから水平基調のシンプルなグリルに変わった。

クリックすると元のサイズで表示します

 リアビューもすっきりまとまっている。やはりどことなくAUDIテイスト漂う後姿である。リアのコンビネーションランプはAUDI A4のそれを髣髴とさせる華麗な造形である。

 そのオフィシャルフォトを初めて見た時「美しくまとまっている。しかし、まとまりすぎているという気もしないではない・・・」という印象を持った。POLO、JETTAと続いたのである程度その方向性が見えていた。そして、実際にその外観は、その見えていたとおりであったので、ある意味新鮮味がなかったのかもしれない。

 POLOの時は「変えてきましたね・・・シャープでスポーティー、でも女性受けはしないかもしれないな・・・」という印象であった。

 JETTAの時は「やはりこのラインですか・・・良くなったんじゃない・・・全体のラインもよりまとまりが良くなった・・・」というもの。GOLFとの差別化が明確にされたのも良い印象を受けた点であった。

 PASSATは、GOLFの上位に位置するモデルであるが、もともと地味な存在の車である。VWの本質を体現した質実剛健を地でいく、実に堅実な車なのである。なので、奇をてらったエクステリアデザインは必要ない。そういう点ではこのまとまったスマートなデザインはPASSATに相応しいものなのかもしれない。



2010/10/29  7:16

投稿者:tao

seiboさん、こんばんわ!

VWも高級車ブランドになってしまったようです。
昔のGOLFには確かにジーンズ感覚があったような気がします。
今はかろうじてPOLOにそういったカジュアルな感覚がまだ残っているのかもしれません。

2010/10/28  17:48

投稿者:seibo

昔ジェッタのデイーゼルターボを10万kmまで2台乗り継いだ私としては、VWは遠い惑星になってしまったように感じる。見上げるとそこにある月のように、存在感を強調することなくそこにある。そんなジーンズのようなシンプルでざっくばらんなカジュアルさといったものが、最近の
VWにはまったく感じられない。もっとも世界中の車がいばりんぼうの威圧感ばかり強調されるのが流行りらしい。町を歩いていても絶対に道を譲らないぞと威圧感を目いっぱい演出している人が増えたような気がします?


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ