2010/10/21

1682:自然乾燥  

クリックすると元のサイズで表示します

 仙台レコードライブラリーからレコードが三枚届いた。テレマン、ハイドン、モ−ツァルトのレコードである。テレマンはオーボエ協奏曲集、ハイドンはチェンバロ協奏曲集、そしてモーツァルトはオルガン協奏曲集である。三枚とも協奏曲である。最近は協奏曲がマイブームなのである。

 新しいレコードが届くと、まずはHANNL MELAでクリーニングする。通常のブラシと回転ブラシの二重洗浄である。順回転で洗浄後、逆回転、そしてバキューム。一連の作業を終えると、しばらく自然乾燥・・・上の写真のようにリスニングルームのなかのライティング・デスクの棚部分にたてかけられる。

 自然乾燥は10分から15分程度。バキュームであらかた水分は吸い取ってあるのでその程度の時間で問題はないようである。そして音質をチェックするのである。

 アナログは盤によって音質はピンきりである。そのファースト・インプレッションに一喜一憂する。今日は三枚とも次第点であったので、一安心である。

 3枚のレコードの値段は各々2,100円。これくらいの価格であれば、どきどきしないのであるが、もう少し高価なものだと、その結果次第ではひどく落胆することもしばしばである。

クリックすると元のサイズで表示します

 1階のリスニングルームのセッティングは、ここのところ変化はない。使用機器はもちろんのこと、ケーブル等のアクセサリーもまったく変わっていない。置かれているソファーやアームチェア、コーヒーテーブルなどのセッティングも微動だにしない。

 これは良いことなのであろうか・・・刺激が足りない気がしないわけではないが、変えたいという欲求がおこらないのである。もししたら、これは更年期障害であろうか・・・不定愁訴が襲ってくることはないが、大きな変化を求めない保守的な心理状態にいつの間にか陥ってしまっているのかもしれない。これは男性ホルモンの供給が低下してきたことにより起こる倦怠状態の一種であろうか?

 まあ、無理に変える必要もないので、セッティングや使用機器は変更せず、新しいレコードがきたらせっせとクリーニングして、乾かそう。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ