2010/9/25

1656:4分の3  

 もうすぐ9月が終わろうとしている。9月の前半はまだ夏のままであった。後半になってようやく秋が来た。今日も一日秋の気候であった。半袖では多少肌寒い気温である。

 今年も3/4が終わろうとしている。ここから年末までは例年結構加速するのである。はっと気づくともう年末といった感じになるのが常である。

 そう思いながら今年の3/4を振り返ってみると、オーディオに関してはほとんど変化がない。主要な機器はまったく入れ替わりがなく、セッティングが少々変わったくらいである。これはこれで良いことなのであるが、「刺激がない・・・」と言えなくもない。

 無理に何かを変えることはない。それはそうである。「変えたい・・・」という欲望もそれほど起きないのである。強いて言うなら、2階のESLでもアナログが聴きたいという欲望であろうか。

 その欲望をかなえるべく、いくつかのレコードプレーヤーを物色したりもしたが、「これだ!!」といった決定打をかっとばすものはなく、依然わが家のレコードプレーヤーはLINN LP-12のみという状況である。

 1年ほど前にLP-12はノーマルの状態から、KEELが組み込まれ、モーターが高性能なものに換装され、トーンアームがEKOSからEKOS SEにグレードアップ、さらにフォノイコライザーが内臓タイプとなった。

 グレードアップから1年が経過し、機械的にも音的にも徐々に馴染んできたようである。車も新車状態のうちはどこかしら固さというかギクシャクした感じがするものである。グレードアップしたばかりのLP-12も、高性能な能力は充分に見せ付けるが、しっくりと馴染む感じは薄かった。

 ようやくここのところ馴染みが出てきた。そのことが新たなレコードプレーヤーを購入したいとは思いながら、結局決定打が出ない大きな要因なのかもしれない。

 このままだと大きな変化なく今年は終わりそうである。今までにない展開である。来年になったら今年の反動が来て大幅な変動が・・・ということになるのであろうか。

クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ