2006/8/23

入荷待ち  

 今日は顧問先の会社を訪問したついでに「ユザワヤ」へ行ってみた。布地コーナーを探索した。正直に言うと居心地はあまり良くない。中年のおばさんや小学生の女の子が買い物をしているが、男性は全くいない。しかも、ネクタイを締めた男性の場合、相当場違いな感じとなってしまう。

 何故大型手芸品店に来たかというと、吸音部のジャージクロス購入のためである。しかし、全く勝手が分からないので、店員に「ジャージクロスありますか?」と聞いたが、怪訝そうな表情で「ジャージクロス?」と聞きかえされた。「ジャージの生地になる薄手で伸縮性のある布地です。」と言ったら「スポーツニットのことかもしれませんね。」とその陳列場所に案内してくれた。

 何色かあったが、幾つかの色を示して、「20メートルほど必要なのですが、在庫ありますか?」と聞いてみたが、「20メートルは有りませんね。10メートル巻きでしか発注しませんから。メーカーに在庫があれば1週間程度で入りますが、メーカーになければ結構かかります。」との返答であった。

 一瞬「ジャージクロスが入ってこないために、工事が遅れることもある。」という松浦さんの言葉が頭をよぎった。比較的淡くて渋めの色のものを指定して在庫確認をメーカーにしてもらった。数分たって、店員から「今はメーカーも在庫がないそうです。中国で作らせているのでしばらくかかりそうです。」といわれた。

 「まずい!」と、ちびまる子ちゃんの目の下に青線の状態となった。アニメではこういうとき「チ〜ン!」と物悲しい鐘の音が響くところである。

 とりあえず「他をあたってみます。」と答えたが他のあてもない。「どうしようか・・・」と逡巡していたところ、「そういえばHYさんはコイズミ無線で扱っているスピーカーグリル用のクロスを使われたとのことだった。コイズミ無線にあたってみよう。」と思いついた。

 早速インターネットのホームページを検索。目的のスピーカーグリルにたどり着いた。「しかし、待てよスピーカーグリル用のクロスを20メートルも購入するケースはほとんどない。当然それほど多くの在庫はないはず。」と思い、まず電話してみた。すると対応してくれた店員は「とりあえずインターネットで発注してください。メールで納期等については後日連絡を入れます。」とのことであった。そこでひとまず発注してみた。とりあえず色はライトグレーを選択。

 しかし、コイズミ無線からも「メーカーにも在庫がなくて入荷までには相当かかります。」との返答がきたらどうすればよいのか?と多少不安も残るが、とりあえず待つしかない。

 オーディオ製品しかも、海外製のものの場合輸入代理店に在庫がなくて、数ヶ月入荷待ちなんてことはざらであるのであろうが、布地で入荷待ちなんて想像すらしていなかった。こういった布地は現在ほとんどが中国製で、日本で作られているものはまったくと言っていいほどないということも今日はじめて知った。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ