2010/5/22

1530:ウォーターハザード  

クリックすると元のサイズで表示します

 富貴ゴルフ倶楽部は、ホール間が樹木でセパレートされており、アップダウンはほとんどなくフラットなコースである。しかし、ほぼすべてのホールに池や川が絡み、狙いどころは絞られる。さらにウォーターハザードだけでなく多数のバンカーも配置されていて、ホールがより狭く見える。

 それ故、コース攻略には相当に頭脳的なプレーが要求されるうえ、方向性や飛距離などのボールコントロール能力が必要である。

 残念ながらそういった項目は得意ではない。ウォーターハザードに結局3回もつかまった。さらにOBも2発と、結構満身創痍なゴルフであった。ショートアイアンとアプローチがまずますであったので、どうにかこうにか90代で回れた。

 取り組み始めたばかりの「一軸スウィング」を実際のラウンドで試すのは初めてである。アイアンはまずまずであった。特にアプローチは効果的であった。2度ほど「よせワン」のパーも獲得した。

 しかし、ドライバーは不発であった。練習場ではまずまずな結果が出ていたのであるが、本番では、方向性の安定を図らんがための「一軸スウィング」であったにもかかわらず、その効果のほどはいまひとつであった。

 まだ取り組み始めたばかりであるので、すぐには効果が出なくてもしょうがないであろう。しかし、きたる6月7日にはそうは言ってはいられない。

 「寧々ちゃん」にどうにか良いところを見せなければいけない。どうにか80台でまわって、「Taoさん、お上手じゃないですか・・・」の一言を引き出さなければ・・・そして、その返答は当然「同伴競技者に恵まれたから・・・」ということになる・・・




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ