2010/4/21

1499:BDR  

クリックすると元のサイズで表示します

 今週の週末は1泊2日でゴルフ2ランドの予定が入っている。それに備えてというわけではないのであるが、チューバホーンさんが経営されている杉並区の整体院「Pro・Fit」で体の歪みを修正してもらった。

 私は左足で体重を支える癖があるようで、そのため体が少しばかり歪む。まあ、痛みが出るわけではないのであるが、定期的にケアしてもらうと良いようである。

 ひととおり整えてもらうと腰のすわりが良くなり、背筋が伸びる。ゴルフスウィングにもプラス効果があるような気がするのである。土日はゴルフ連荘である。これで万全の準備が整った、といきたいところであるが、練習不足が心配である。

 今日はちょうど近くの顧問先に行く予定が入っていたので、仕事が終わってから「Pro・Fit」にお伺いした。じっくりと施術してもらってすっきりとしたところで、30分ほど2階のオーディオルームでROKSAN XREXES20を聴かせてもらった。

 デュプレのエルガー、ペーター・シュライヤーのシューベルト、クレンペラーのマーラーのレコードを聴いたのであるが、以前よりも音の陰影感が深く、厚みが感じられる。音の重みが手にずしっと感じられ、軽々しくない。

 特に最後に聴いたマーラーは曲調と音の質感とが見事にマッチしていた。針圧やシンサイドフォースなどの調整やスピーカーの位置が以前とは違っているようである。

 さらに良く観るとXERXES20の下に敷いてあるボードがBDRの相当高価なものに変わっていた。これは効いているようである。このボードは先進的な素材でできているが、先走ったところがなく、音が自然な落ち着き加減に収束している。なかなか優れものである。

 我が家のLINN LP-12はクワドラスパイアのラックに直置きである。何か手立てを考えるべきか・・・という思いを持ちながら、帰路についた。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ