2010/1/9

1396:新年会  

クリックすると元のサイズで表示します

 「QUADを聴く会」の常任幹事のishiiさんから新年会のお誘いを受けたのは年末のことであったであろうか?「毎年恒例のQUADを聴く会の新年会を1月9日にやりますが、参加されますか?」やや事務的な口調である。

 「毎年恒例なのですか・・・ならば参加したいですね・・・」と受け答えをしながら頭の中では「毎年恒例だっけ・・・知らなかったな・・・」と思った。そこで「新年会って毎年やられているですか?」と恐る恐る確認したところ「そんなこともしんねんかい!」と切り返された。やや気まずい沈黙の後、受話器の向こうで押し殺した笑い声が漏れ聞こえてきた。

 この会に入会したのはもう1年以上前のことである。入会金はゼロである。しかし、詳細に規定された会則に即した言動を行わなければ即「退会勧告書」が簡易書留で送られてくるというきわめて厳格な会である。

 その新年会とあらば参加せねばと思った。そして、副会長のKさんの仕事場兼リスニングルームに出かけた。そこには会のメンバー12名が終結していた。入り口でメンバー証を見せると厳重に鍵がかけられた重々しい金属製の門が開いた。

 そして、中に入るとそこにはQUAD63PROの真っ黒な姿が・・・その63PROを駆動するのはQUAD44とQUAD405のペア。そして送り出しはNAGRAのオープンリールデッキである。

クリックすると元のサイズで表示します

 ジャズ・クラシック・ポピュラーと様々なジャンルの名盤がNAGRAから繰り出される。そのスピード溢れる直球はQUAD44・QUAD405でさらに加速され63PROからリスナーめがけて一直線に放たれる。

 しかし、私はいたってへぼな打撃能力しか有していない。その直球のスピードに目がついてゆかないのである。むなしくバットは空を切るばかりである。

 ど真ん中のストライクゾーンを通っているはずであるが、タイミングが合わないのである。そこで少しばかりバットを短くもつことにした。巨人の大道選手さながらである。しかし、当たらない・・・自分の未熟さを痛感する破目に・・・

 「やはりダメである・・・QUAD22・QUADU・ESLのラインが放つナックルボールなら打てるのだが不思議である・・・」

 QUADを聴く会の会則第34条には「ESL、ESL63、ESL63PROの三つのスピーカーの特徴をふまえ、それぞれを完璧に使いこなすことを会員は心がけるべきである」と規定されている。またもや「退会勧告書」の危機が現実味を帯びてきた・・・

(今日pontaさんから「QUADを聴く会ってそんなに厳しい会なのですか?」と真顔で聞かれた。「もしかして本気にされているのでは・・・」と思い、「まったくのでたらめです、実際はオーディオ好きな仲間が気さくに集まるだけで、会の名前も会則も役職も全くありません」と答えた。)



2010/1/10  22:04

投稿者:tao

ishiiさん、こんばんわ!

QUAD22・QUADU・ESLの音に慣れた私の心の周囲には妙な浸透膜が形成されてしまったようです。その浸透膜は特殊な形質を有していて、心に透す音と透さない音とを厳然と峻別しているようです。
まったく普遍性も合理性もない膜ですので、QUAD ESL63 PROが悪いのではまったくないのです。むしろオーディオ的には明らかにESL63 PROの方が上をいっているのです。

2010/1/10  11:33

投稿者:ishii

昨日はお疲れ様でした。ESL63PROはとてもよく鳴っていて、前回のリベンジは完全に果たしたと思います。ただ、ソースのよって向き、不向きがあるみたいでした。TAOさんはESL57が好みなので、方向性は少しちがうかもしれません。

ある意味では、オールドタンノイやESL57などは、オーディオをやり尽くした人の終着点みたいなものでしょうか。TAOさんは、比較的短期間で到達したのかもしれません。なお、自分はちょっと古めのLINNで、当分行きます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ