2009/5/31

1172:湿気  

 「しまった、路面が濡れている・・・今日はスローペースでいこう・・・」ここ数日は梅雨のような空模様。昨日も降ったり止んだりであった。

 週末土曜日か日曜日かどちらか朝1時間ほど自転車で走る。昨日が雨であったので、降ってなかったら今朝自転車に乗ろうと思っていた。

 朝起きてみると雨は降ってなかった。家の前の道路のアスファルトはほぼ乾いていた。「これなら大丈夫そうだ・・・」とCOLNAGO CLXを1週間ぶりに持ち出した。

 しかし、サイクルロードに入ると結構路面が濡れているのである。その上を木が覆っているので、雨が止んでもなかなか路面が乾かない。ところどころには小さな水溜りもある。

 「これはまずい・・・」と恐怖心が頭をもたげた。実は半年ほど前路面が濡れているのにカーブで充分に減速しなかったため派手に転倒したことがあるのである。

 ロードバイクのタイヤはやけに細い。細く溝がないため路面が濡れていると極めて滑りやすいのである。それは体験として嫌というほど感じたので、今日の路面状況をみて、慎重のうえに慎重に乗ろうと肝に銘じた。

 カーブの前ではこれでもかというほど減速しそろっとやり過ごす。その甲斐あって転倒はせずに完了した。

 既に梅雨入りしたのではと思ってしまうようなここ数日であるが、湿気が凄い。QUAD ESLにとって湿気は大敵である。なので、除湿機は欠かせない。

 ESLの故障の多くは湿気が原因による電極の接触不良と噂には聞く。実は昨日K氏のお宅にお邪魔したさい、最初のうちはESLから「ザザザ・・・ズズズ・・・」といったノイズが片チャンネルから出ていた。

 「これはもしかしたら噂に聞く電極の接触不良によるノイズであろうか・・・」と思った。しかし、電源コードをいじるとそのノイズはすっと治まった。どうやら電源コードが何らかのノイズを拾っていただけであった。私もK氏もほっと胸をなでおろした。

 明日から6月。6月中には梅雨入りするはず。湿気はこれからが本番。とにかくこまめに除湿機を使ってESLを守ろう。濡れたサイクルロードをロードバイクで走るときのように慎重な対応が必要なようである。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ