2009/5/24

1165:メリーゴーランド  

クリックすると元のサイズで表示します

 那須街道は数珠繋ぎであった。一本道であるので車が分散しないためであろう。地元の方であれば、込み入った迂回路を熟知しているのかもしれないが、そういった知識は持ち合わせていないので、そのままセオリーどおりの道を辿るしかなかった。

 そのため3時に着くことを予定していたのであるが、やや遅れてSOUND DESIGNの那須試聴室に到着した。SOUND DESIGN FAN CLUBの懇親会は既に始まっていたというか、もう既に佳境を迎えていた。着いた時には赤ら顔の方が数名いらして、みなさんご機嫌状態であった。

 そして、ログハウスの中へ入るとアルコールの臭いが部屋の中に充満していた。そしてソファの一隅には爆睡状態の安西さんが真っ赤な顔を斜め45度に傾けていらした。

 そのとなりにそっと座ったが、目を覚まされる気配は全くなかった。SD05の左隣にはCDP-MS1ではなく、見慣れないオーディオ機器がただならぬ気迫を発散していた。それはNAGRAであった。

 はじめて見るオーディオ機器である。硬質な構成力のなかに、極めて精密で知的な造形美に溢れた機器である。メーターや操作ノブの一つ一つが意味深いものに感じられるほど練られている。触れて操作する喜びに満ちた稀有な存在である。

 そして、その音を聴いて少なからず驚かざる得なかった。何かしら、桁が違うのである。「12と14では14の方が2多い」あるいは「35と39では39の方が4多い」・・・そういった次元からいきなり100の位にワープしたような感じである。

 NAGRAはプロ用の機器であるので2トラック専用である。しかし、このNAGRAは4トラック用のヘッドを特別に搭載している。極めてめずらしい存在である。4トラックのソフトはアメリカのオークションで比較的安価で入手可能とのこと。

 「ハードは比較的安価で入手できるが、普通のNAGRAでは4トラックがかからない」・・・「生録をする気はないので、再生装置として入手したいが、ソフトがかからないのではどうしょうもない」・・・「普通のNAGRAでは2トラックしかかからないが、2トラックのソフトは数が極めて少ないうえ値段がぐんと上がる」・・・「日本製のものは二束三文で売られているが、NAGRAのような音質は望めない」

 極めてスムースに回転するオープンリールテープのように、私の頭の中の「妄想のメリーゴーランド」もぐるぐる回り始めたようである。そして、その回転スピードはいつしか定速に達した。そのスピードはきっかり19cm/secであった。



2009/5/27  12:24

投稿者:UNICORN

taoさん、Evansさん

鳴らしこみ、調整に暫く時間はかかるかとは思われますがtaoさん
御訪問の調整等宜しく御願いいたします!!


2009/5/26  23:21

投稿者:Evans

Taoさん。頂いたメールに返信させて頂いたのですが、エラーが出てしまいました。土曜日はOKです。またメールします。

2009/5/26  22:47

投稿者:Evans

Taoさん、Unicornさんお会いできる日を楽しみにしています。

2009/5/26  21:51

投稿者:tao

Evansさん、UNICORNさん、こんばんわ!
では、私とUNICORNさんがEvansさんのお宅に押し掛ける算段を整えます。詳細はメールにて・・・

2009/5/26  9:55

投稿者:UNICORN

taoさんevansさん

コメント読みました!!

小生、taoさん邸で結果的に気になっていた鉛筆Speakerを聴くこと
が出来ず心残りでしたが、今回のコメントでJazz好きのEvansさん邸
に収まったことを知りチョット安心しました!!

小生も大変不躾ながら是非何時か御聞かせ願えれば・・・と望んで
おります。

2009/5/26  0:44

投稿者:Evans

Taoさん、レスありがとうございます。
我が家は横浜ですので少し遠いですがそれでもよろしければ大歓迎です。家内は北欧家具が好きで(家にあるわけではありませんが)、先日のPH50の写真を見た瞬間、メーカーと型番を言い当ててました(買ってくれというプレッシャーか)。サラ・ガザレクのCDも持っており、Taoさんの趣味と合いそうです。私も諏訪内晶子のチャイコフスキー・コンクール ガラ・コンサート・ライヴをはじめ何枚か持ってます。Turnberryはこのバイオリンの音を聴くために選びました。いろいろとお話出来たらと思いますのでよろしければメール下さい。

2009/5/25  21:59

投稿者:tao

Evansさん、コメントありがとうございます。

Evansさんのような方のところにHRS-120が嫁いでいったことを知って心からほっとしました。
それにしても、同じ時期に私はGerman PhsiksからTANNOYへ、EvansさんはTANNOYからGerman Phsiksへと移り変わったわけですが、何か因縁めいたものを感じます。もしよろしければ、是非一度Evansさんのお宅にお邪魔させてください。

2009/5/24  23:24

投稿者:Evans

はじめまして。本日、Taoさんが大事に育てて下さったHRS-120 Carbonを引き継いだEvansです。購入契約が終わった後、このスピーカーを検索したところ、偶然?Taoさんのブログを見つけて読んでいたら、今年の4月に物々交換されているではないですか。この写真のスピーカーが私の手元に届くと思うとビックリしました。おまけに私が今日物々交換したスピーカーはタンノイのTurnberry HE。私と逆の方向に・・・2度ビックリです。今日、HRS-120を聴いて思ったのはタンノイにはタンノイの良さがあり、ジャーマンフィジックスにはジャーマンフィジックスの良さがあるということを改めて認識しました。Turnberryを購入したのは確か7年程前で、その頃はバイオリン等の弦楽器が好きでクラシックがメインだったので、タンノイを選びました。今はジャズがメインでピアノトリオが好きなので、ピアノとシンバルが綺麗に出るジャーマンフィジックスに憧れて購入しました。これからはHRS-120 Carbonを大事に育てていこうと思います。とりあえずお礼とご報告まで。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ