2009/5/2

1142:ユニコーンの夢  

クリックすると元のサイズで表示します

 夢は不思議である。潜在意識の海のなかに蓄積された膨大な記憶が、時間的な整合性や空間的な整合性を一気に飛び越えて、極めてささやかな関連性に触発されて、浮かび上がってくる。

 なので、冷静に考えれば全く矛盾している展開でありながら、感情としては素晴らしいリアリティがあり、純粋無垢な喜びや恐れ、悲しみなどを呼び覚ましてくれる。

 ユニコーンは夢をみるのであろうか?きっとみるような気がする。あるいは常に夢をみているような虚ろな眼差しをしている。その瞳には、純粋な喜びや恐れ、悲しみなどの色合いが、しっかりと映り込む。

 GRFの部屋さんのユニコーンも、夢見がちな表情をしている。そのキャビネットの付き板は、夢の世界を連想させてくれるほど素晴らしい仕上がりである。その明るめのキャビネットが淡い京壁の和の色合いと絶妙な色彩バランスをみせる。

 部屋の広さは6畳プラス板間で7.5畳くらいであろうか。天井は2.6mと普通の部屋よりもやや高い。高めに設置された窓からは障子越しに優雅な光が十二分に差し込む。とても心地よい空間である。日本人としてしっくりと心落ち着く広さと佇まいである。

 一見何気ないPSDの大山さん製作のオーディオテーブルには、CDP-MS1とSD05(50W・ノーマルバージョン)がこともなげに載っている。このオーディオテーブル一見何気ないがあっと驚くほど凝ったからくりが仕込まれていた。

 オーディオは見た目どおりの音がする・・・と感じることは多い。今日もそうであった。この素晴らしく心地よいオーディオ空間の様を目にしてイメージしたとおりの音がする。いや音がするわけではない。イメージしたとおりの音楽が流れてくる。

 ここにはオーディオはない。物理的にはオーディオ機器があるのであるが、心理的にはオーディオがないのである。いろいろな偶然がシンクロニシティによって時間的な制約や空間的な制約を越えて、この和室に取り集められた結果、「必然」としか評することの出来ない「結果」を見せてくれているようだ。

 GRFの部屋さんのメインルームは24畳の広さ。さらに贅をきわめた構造を有している。そこでたびたび驚きの経験をしたのであるが、このユニコーンの部屋はメインルームとは別な意味での驚きと心地よさを感じた。その感情は夢の中での無防備な心での出来事のように純粋無垢であった。



2009/5/5  0:00

投稿者:tao

(Y)さん、はっきりと憶えています。
あの時はUNICORN CARBONに片手を触れていた状態だったのですが、HRS-120との格闘中であったため結局は踏ん切りがつかず、その手を離してしまいました。
「チャンスの女神の前髪をつかめ!」とよく言われますが、ないはずの女神の後ろ髪を手探りしている今日この頃です。

2009/5/4  3:52

投稿者:(Y)

Tao様、ここに書き込ませて頂くのは始めてです。
例のカーボンのユニコーンに関して少なからずご縁のあった大阪の(Y)で
す。覚えて頂いていたら幸せですが、多分もうご記憶は無いかしれませ
ん。僕は出会いは偶然でも必然でもなく、縁だと思っています。縁を作
るのは自分自身です。GRFさんはその縁を大切に育てられたのだと思い
ます。でなければまさかの和室にユニコーンを据えて、あの美音を引き
出されなかったのではないでしょうか。これは本当に自分自身反省すべ
きことだと思っています。勝手な自分自身の評価で機器を泣かせてはい
ないかって。

2009/5/4  0:27

投稿者:tao

UNICORNさん、GRFの部屋さんこんばんわ!
「和室にUNICORN」組合せとしては意外な感じがしましたが、実際に部屋に佇むUNICORNを見ると、まさに「必然」といった印象をもちました。
そして、その音を聴かせていただいて、その感はさらに強固なものとなりました。
そして心になかで、「あの時UNICORN CARBONの中古を無理してでも入手しておくべきだった・・・」悔やみました。

2009/5/3  11:17

投稿者:GRFのある部屋

Taoさん、昨日はありがとうございました。和室は心が和みますね。

文章家のTaoさんが、一体どのような切り口で「ユニコーンの部屋」を書いていただけるのか楽しみでした。

「いろいろな偶然がシンクロニシティによって時間的な制約や空間的な制約を越えて、この和室に取り集められた結果、「必然」としか評することの出来ない「結果」を見せてくれているようだ。」

巧いです!

全くその通りですね。
全ての「偶然」がいまのこの音に集約しています。その「偶然」も「accident」ではなく「chance」だったのでしょう。そして生まれた「必然の結果」は「consequence」そのものですね。

この部屋から出されて、廊下で寂しく立たされていたSPの事は、in confidenceにしてください(苦笑)

高速道路の大混雑で、外出は取りやめました。今度はTaoさんの可愛い娘さんたちを拝見にお伺いします。



http://TANNOY.exblog.jp/

2009/5/3  8:39

投稿者:UNICORN

別嬪さんは得だな・・・と、彼女の夢は何だったんだろう・・・

愛知県の片田舎から、その美貌に惚れた叔父さんが、無理やり?!
東京のそれもお嬢さん、うるさい姑がたむろする、お屋敷に(?!)
つれてこられた後も、多分ズッーと、自分の落ち着く場所を夢見て
いたのか・・・と思ってしまった。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ