2009/4/30

1140:王子サーブ  

 石川佳純の目は切れ長で美しい。まだ16歳のあどけなさが残ってはいるが、勝負にかける集中力は素晴らしものがある。世界卓球の2回戦、格上の相手に対して立て続けに3ゲームを失い、4ゲーム目も3-9と完全に劣勢、誰もが「ここまでか・・・」と思ったが、そこから奇跡的な逆転勝利。

 いあ〜気分が良かった。爽快にして痛快、そしてその集中力に心から感心した。卓球といえば、福原愛がアイドル的人気である。愛ちゃんは丸顔でややぽっちゃり型。一方石川佳純はスリムでシャープな印象。個人的好みからすると石川佳純を支持したいところ。

 そして、石川佳純のプレーを見ていて心地よいのは、そのキレのある躍動感であろう。若々しい俊敏なフットワークと反射神経の鋭さは、世界のトップレベルに充分に対抗できるほどの実力を感じさせる。

 「福原愛2世」と騒がれたが、今や実力人気ともに完全に福原愛を超えたように思われる。スポーツの世界は実力が第一であることは論を待たないが、見た目の美しさを備えていれば、ますます応援したくなるというもの。石川佳純の今後の活躍に心から期待したい。

 女性の好みは、圧倒的にスリム系である。すらっとして細身。足や手が細く長い、やや華奢な体形が好み。丸顔、ぽっちゃり系はいまひとつ乗り気にならない。

 オーディオ機器に対しても概ね同様の傾向がある。コンパクトで高さがあまりないほうがかっこよく感じられる。音の好みはどうであろうか?

 帯域が広い必要性は全くないようである。地を這うような重低音には全く興味がない。突き抜けるような高音の抜け切り感にもあまり食指が動かない。そういう意味ではスリム系かもしれない。

 しかし、潤沢な間接音が欲しい傾向はあるようである。弦楽器の音が響いてたなびく感じに弱い傾向があるようである。直間比率で言えば、間接音比率が多い方が好きである。そういう意味ではスリム系ではないのかもしれない。

 QUAD ESLもTANNOY チャトワースもその傾向に照らすと好みに合致する。時々石川佳純の「王子サーブ」のような、ツボにはまる音を繰り出してくれる。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ