2009/4/26

1136:TANNOY臭さ  

 昨日はチュ−バホーン邸でのOFF会であった。総勢6名での賑やかな会であった。ユニットのフルメンテナンスが完了したランカスターは動きがすばやく正確になった。このメンテナンスは大正解である。私のチャトワースも40年以上の時間が経過しているはず。いずれはフルメンテナンスが必要になるのかもしれない。

 昨日は面白い聴き比べ体験が二つできた。一つはスピーカーケーブル聴き比べである。ランカスターには、非常に細い銅単線のスピーカーケーブルが使われていた。見るからに細く頼りなげである。見た目だけで判断すると「大丈夫かいな・・・」という感想を持ってしまう。

 昨日のOFF会では、とあるトラブルが原因でスピーカーケーブルを交換することとなった。急遽ベルデンのスピーカーケーブルに取り換えたのである。すると音の質感が一気にザラッとした質感に変わった。

 居合わせた一同は「やはり元に戻しましょう・・・」という意見で一致した。そして再び極細銅単線に戻したのである。すると、音が滑らかな心地よい質感に変わった。見た目的には頼りないが、この銅単線、音質的にはなかなかの優れものである。

 同席されていた山口さんが「認識を新たにした・・・」とつぶやかれていたのが印象的であった。我が家のTANNOYもベルデンのオレンジと黒のよってあるやつを使っていたが最近ノイマン製のスピーカーケーブルに換えた。すると音が滑らかにホイップシュークリームのようになった。やはりケーブルはばかにできない・・・

 もう一つの聴き比べはSD05対決である。一方は120Wバージョンもう一方は50W・リクロックバージョンである。

 通常は120Wバージョンで聴かれている。それを50W・リクロックバージョンに換えてみる。ちなみに見た目は両者全く同一である。

 50W・リクロックバージョンに換えると、明らかに音の精度が上がる。ゆらぎがなく収まるべきところにすっと収まった感じである。音のピースとピースの間の隙間はギュッとつまり綺麗な曲線に収束する。

 オーディオ的にはグレードが上がったといわざるを得ない。しかし、TANNOYらしさとというか「TANNOY臭さ」といったものは薄まる。もっと現代的なスピーカーのような清澄な響きになる。

 これは好みの問題かもしれない。一聴すると50W・リクロックバージョンの方が良いのである。しかし、TANNOY好きからすると「TANNOY臭さ」も捨てがたい、という気持ちにもなる。

 この二つの聴き比べ体験はいろいろと示唆に満ちたものであった。オーディオは一筋縄ではいかない、正解は人の数だけある、といったことを改めて感じさせられたOFF会であった。



2009/4/28  0:34

投稿者:tao

チューバホーンさん、こんばんわ!
銅の極細単線、良かったですね。しかも値段もびっくりするくらい安くてリーズナブル。とても細いので取り回しも楽。唯一の欠点はあまりに細いので断線の危険性がとても高いところでしょうか。
50W・リクロックバージョンと120Wバージョンの聴き比べも、興味深かったです。そして、TANNOYは通常120Wバージョンで鳴らされている理由もよく分かりました。

2009/4/28  0:30

投稿者:tao

GRFの部屋さん、こんばんわ!
スピーカーと部屋の相性というのはとても重要な要素であるということを痛感しています。
第一に部屋のエアボリュームとスピーカーのサイズのバランス。そしてそのスピーカーの構造と部屋とのバランス。
UNICORNにはベストバランスの部屋が新たに見つかったようで、これは何はさておいて聴きにお伺いします。
(パロディーバージョン、とても楽しく拝読しました。)

2009/4/28  0:26

投稿者:tao

Powariさん、こんばんわ!
SD05は5OW・リクロックバージョンが最新にして最強バージョンだと思います。しかし、その精緻な力はスピーカーをぐいぐいSD05のほうへ引き寄せるようです。
時にはその引き寄せがスピーカーの個性を薄くしてしまうこともあるような気がしました。

2009/4/27  9:19

投稿者:チューバホーン

今回は、怪我の巧妙の連続で、新たなランカスターの音に出会えました。
ユニットのオーバーホールをPSDに依頼したのがきっかけで、コンソールテーブルの特注が出来ました。T3
の導入で、SPケーブル探しから、この銅単線を見つけました。
 そして、昨日もあのアクシデントから、ケーブル交換をしたことで、銅単線のよさを理解していただけました。
 ビンテージスピーカーを活かすには、前段の機器によるところが相当あるのではと思っています。

2009/4/26  22:28

投稿者:GRFのある部屋

Taoさん、あの冷たい雨の中を六名のご参加とは驚きました。

同じ頃、汗を流しながらUnicornの部屋をつくるべく大移動を行っていました。夕方まで掛かってようやく音だしをしました。

夜中、起きだしてTaoさんの競技場からの中継に感動して、パロディ版をつくりました。掲載をご承認いただきありがとうございました。違いの部分をご笑覧ください。

しばらくベンチを温めていたUnicornは、本来の活躍の舞台を与えられて見違えるように美しく舞い始めました。

連休中には時間を作って頂きUnicornをお聞きにお越し下さい。私もTaoさんの奏でるタンノイを聴きに参ります。






http://TANNOY.exblog.jp/10908246/

2009/4/26  21:55

投稿者:Powari

 過去形で書かせて頂きますがうちもSD-05が2台ありました。50W・リクロックバージョンと75Wバージョンです。

 75Wバージョンだとうちの場合Sonus臭さが出るように思います。
(今、SD-05はGuarneri Homageに合わせています。)

 なので、手元には75Wバージョンが残っています。
オーディオ的には50W・リクロックバージョンの方がグレードが上だと自分も思います。
 
 話は変わり、今うちはAmati Homageに合わせるアンプを物色中です
物色中と言ってもほぼ決まっているのですが。

http://blogs.yahoo.co.jp/ryu_tatuya2002


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ