2009/4/23

1133:音の照り  

 「PHILIPSのレコードはあたりはずれがなく、比較的良好な録音のものが多い」とレコードコレクターでオーディオマニアの方がおっしゃられていた。

 「あたりはずれがない」というのは嬉しい限りである。中古レコード屋さんで中古レコードを買ってきても、手元に残るのは半分以下である。半分以上はまたまた中古レコード屋さんに戻されるのである。

 なので、レコードはそれほど枚数が増えない。CDも同様である。買ったCDの半分近くが中古店に売られていく。買ったソフトは全て手元に置いて消して手放さないという方もいらっしゃると思うが、私の場合聴く可能性のほとんどないものは手元においておきたくない。

 整理整頓好きのせいであろうか?部屋も片付いていないと落ち着かないが、CDラックやレコード棚もスッキリしていないと嫌なのである。確実にもう聴かないと思うレコードやCDはすばやく片付けてしまいたいのである。

 なのでコレクションはそれほど増えない。時には時間の経過とともに枚数が減ることすらある。定期的に新しいものを購入しないと、徐々に抹消対象が増えてきてしまうのである。

 そんななか、PHILIPSのレコードは健闘している。手元に残る比率が比較的高いのである。他のメジャーレーベルに比べ明らかに高い。一番その比率が低いのがDGである。

 ここ数日よく聴くレコードはVivaldi・The Four Seasons・ARTHUR GROMIAUX(PHILIPS 9500 613)。1979年の録音である。デジタル録音が始まる直前、アナログ録音の完熟期の録音で、PHILIPSらしい艶やかな音質である。鮮明でありながら艶のある弦楽器の質感はやはり耳に心地よい。

 このレコードはやはりLINN LP-12で聴きたい。その艶やかさがさらに活きる。照り焼きの艶やかな照りを思わせる音のきらめき感である。この音の照りは、TANNOYのMONITOR GOLDによりさらに輝きを増すようだ。



2009/4/25  0:00

投稿者:tao

hiroさん、こんばんわ!

アナログはあたりはずれがあって一喜一憂の日々です。「はずれ」をつかむとがっかりして、DISKUNION行きのダンボールにすぐさま入れられます。箱は90枚ほどで一杯になる大きさです。この箱は一杯になると発送されます。この箱の入る中古レコードの比率は50〜60%、生き残るには結構厳しい世界です。

2009/4/24  23:56

投稿者:tao

ishiiさん、こんばんわ!
ヘビーローテーションともいえる愛聴盤のなかに(EMI ASD 2906) ELGAR Cello Concertoがあります。Recording Producer:CHRISTOPHER BISHOP Balance Engineer:CHRISTOPHER PARKERのクレジットが載っています。このコンビのものは相当期待できそうです。
中古レコード屋さんで探してみます。

2009/4/24  23:50

投稿者:tao

GRFの部屋さん、こんばんわ!
PHILIPSは「中庸の音」だったのですね。なんとなく安心感があります。
DECCAはきらびやかというか一歩間違うと高音のきつめなな印象をもっています。しかし、はまると凄いことになるようなものがDECCAにはあるような気がします。
装置との相性も相当あると思われますが、レーベルごとの音の個性を楽しむのもレコードの大きな楽しみの一つです。

2009/4/24  23:07

投稿者:hiro

Taoさん

なんだか、ご自身の音楽世界が完成された用で羨ましい限りです。
LPの取捨選択の潔さも、Taoさんらしさなのでしょうね。

ますますの邁進、楽しみにしております。

hiro

2009/4/24  22:43

投稿者:ishii

メジャーレーベルでは、英EMIの録音も良いものが多くお薦めです。東芝盤は避けてください。
ジャケットにSQ録音の表示のある4チャンネル盤も再生が難しいのでやめた方がいいです。
ビショップ&パーカーの関ったクレジットのあるEMI盤は特にお薦めですが、SQ録音が多くありますので注意してください。


2009/4/23  23:49

投稿者:GRFのある部屋

レーベルによって音が違うのはよく知られています。メジャーレーベルではその個性を競って独自の音を確立してきました。その個性と自分の装置のとの相性を合わせるのが、楽しみの一つです。

長年に渡ってレコードを集めてきて解ってきたことが有ります。好き嫌いの傾向は変わりませんが、使っている装置によって同じレコードの音が変わってきます。

PHILIPSはその中では、もっとも中庸を行く音です。そこへ行くとDECCA程ではないですがDGの音はキャラクターが立っています。

その、英DECCAでモニターとして使われていたのが、GRFですから不思議な感じがします。

ロンドン交響楽団のホールはバービカンホールです。全て木で造られた響きのタップリとした柔らかな音のホールです。DECCAの録音で聴くロンドン響とはまったく違った柔らかな響きになるのです。

デッドなフェスティバルホールとはまったく違った豊穣な音を聴くと、オケだけではあの響きは生まれないし、またしっかりした音を出さなくては、豊かな響きも生まれないのでしょう。

自宅で音楽再生をするときの相性と言うことは、補間という観点から見ると面白いかも知れませんね。

溜まっていくレコードと機器に埋もれているGRFより(笑)




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ