2009/3/29

1108:PARTRIDGE  

クリックすると元のサイズで表示します

 真ん中で緑色に輝くのはPARTRIDGEの昇圧トランスである。その左の控えめなグレーの昇圧トランスはOrtofon No.6600。そして、右側の細長いものはORTOFONのMCカートリッジ用ヘッドアンプMCA-76である。

 カートリッジはORTOFON SPU-GとBENZ-MICRO REFERENCE3。それぞれ組み合わせると6通りの組合せが出来上がる。THORENS TD-124にこの6通りの組合せを試してみた。そしてそのうちの一つに光明を見出すことができた。

 その組合せとはREFERENCE3とPARTRIDGEの組み合わせである。この組合せの時には音が活き活きと輝くような気がした。ORTOFONは上品で控えめ、まとまっているのであるがいまひとつ食いつきが足りない。

 今日はhiroさんがご友人と一緒に我が家を訪れてくれたのである。そして、PARTRIDGEの昇圧トランスとORTOFONのヘッドアンプを持参してくださった。そこで2階のTHORENS TD-124で試したのである。

 2階ではアナログを接続するとノイズが結構乗る。THORENS TD-124に原因があるのかと悩んでいたのであるが、hiroさんによるとQUAD22に原因がある可能性が高いとのこと。QUAD22は一度見てもらう必要があるようである。どこからかノイズを拾ってくるのか特定できれば、対策できるであろう。

 PARTRIDGEはORTOFONに比べると、音がシャキッとする。REFERENCE3もどちらかというとシャキッとするカートリッジである。この二つが手を組むと相乗効果でシャキシャキするのである。音に芯ができ、艶やかさもアップ。これがTHORENS TD-124、SME 3009と組み合わさるとしっくりくるのである。これでノイズさえ取り除ければ・・・

 hiroさんには1階のTANNOYも聴いてもらった。実はチャトワースの前オーナーはhiroさんなのである。なので、チャトワースがきちんと鳴っているか確認してもらいたかったのである。

 オリジナルのキャビネットに納められた12インチのゴールドはこの部屋に合っている。約8畳と狭いリスニングルームにはちょうど良いサイズのような気がする。15インチのような重厚さはないかもしれないが、バランス的はジャストフィットといった感じである。



2009/3/30  22:25

投稿者:tao

TATSUYAさん、こんばんわ。
ブログのオーディオルーム紹介の記事読みました。
それにしてももの凄い数のオーディオ機器ですね。しかもシステムが三つも・・・使用機材も凄いものばかり・・・結構はまっていますね。(人のことは言えませんが・・・)
でもそのお気持ちはよく分かります。今は二つに集約しましたが、我が家も少し前までは三つのスピーカーが三つの部屋で鳴っていました。家族からの強烈なブーイングもあり、リビングからは撤退しましたが、オーディオ機器はそれ自体が強烈な吸引力をもっているの気が付くと自然増殖して今います。

2009/3/30  22:18

投稿者:tao

hiroさん、昨日はお疲れ様でした。
パートリッジとベンツ・マイクロのコンビは良い感じでした。THORENS TD-124はうまく鳴らず悩みの種でしたが、一つ光明が見えた感じです。
QUAD22のあのノイズはやはりきちんと直さないといけないと思っています。近いうちに廣坂さんに送ろうと思っています。
TANNOYは多少異例の組合せながら、Violaのアンプとの相性も悪くないような感じです。部屋の広さとのチャトワースのサイズもバランスがとり易いようです。

2009/3/30  17:47

投稿者:TATSUYA

TAO さん、こんばんは。
TATSUYA です。
今日はお休みでしたので、ブログにオーディオルームの紹介記事を書きました。
即席写真、文章なので、まったく推敲できていません。
もしよろしくければお読みください!
http://profile.ameba.jp/tatsuya0930gibson/


http://profile.ameba.jp/tatsuya0930gibson/

2009/3/30  0:24

投稿者:hiro

つづき

さてさて、トランスですが、拙宅でもベンツとパートリッジは長年、コンビを組んでいたので、想像は付きましたが、Thorensって思った以上に素直なんですね。嫌な味付けが全く無く、ベンツの音をパートリッジが上手く引き出しているといった感じでしょうかね。
あの組み合わせを聴いてしまうと、MCA-76もいいヘッドアンプなのですが、物足りなさ過ぎでした。(爆爆)
ま、いろいろ試してみたということで、持参した甲斐があったということにしましょう。
Thorensのテーブルのモーター音は、拾っていないように思えましたので、やはりQUADのプリを調整してもらってください。
ボリュームにも調整の必要があるようですから、この際、まとめてやってもらいましょう。
ビンテージは、現行機器のような気楽さは無いですが、安定してきたら、心配事なんてなくなりますからね。
やっぱり使い続けて、調整していく。止むを得ませんが、私も同じ穴の狢、同様に工夫しながら苦心しています。
遠慮なく、お店に出して直してもらってくださいね。遠慮すると、逆に失礼かも知れませんよ。遠慮なく、お付き合いしてください。
私も遠慮なくお付き合いしてもらっているので…。(爆)
ESLもよかったですが、やはり、あのリスニングルームとの相性の良いTannoyが今日の最大の収穫でした。私にとっては、パートリッジ投入はある程度、検討がついていた分、驚きのTannoyのパフォーマンスの発揮に、今日の収穫の軍配ありです。
またお邪魔させてください。
いやぁ。いいもの聞かせてもらいました。
hiro

2009/3/30  0:23

投稿者:hiro

TAOさん
どうもです。
まず、最終に記述されていた、Tannoyの塩梅ですが、良かったですよ。
当方の現在のシステムが、タダの寄せ集めのように感じてしまいました。
部屋の大きさとアンプの相性でしょうか、プレーヤーやCDとのバランスも大事なんだなぁと思いながらも、池田式のリスニングルームできちんと、音を出すように、セッティングすると、ここまで出るのかと、驚きました。
一言で言えば、バランスの良さが如実に現れていましたね。
今までのブログで写真を見ただけでは、全く想像できなかった音でした。
クラシックでは有りませんでしたが、最後のドリームオブヒム?あのアコースティックな感じの表現は、余韻がずっと残りましたね。
拙宅に帰ってからは、全く異なった構成で、ま、それぞれ良いところもあるのだろうと、自分を慰めています。(爆)

つづく


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ