2009/3/24

1103:決め台詞  

 今日の日中は街中の多くの方が、携帯に見入っていた。メールチェックではなく、携帯でWBCの経過をチェックしているようであった。私も例外ではなく、仕事で外にでていたのであるが、経過がどうなったが気が気でなく何度となく携帯を覗き込んでいた。

 しかし、それにしても激的な展開である。手に汗握る接戦の末の延長10回。ツーアウト2,3塁でイチローという、これまたできすぎといった展開で、クリーンヒット。この瞬間勝負が決まった。

 このヒットがまた、完全に芯を捕らえた素晴らしい打球であった。韓国とは因縁の対決である。2勝2敗のタイで迎えた5回目の対決で、しかも決勝。これは嫌がうえでも盛り上がるというもの。

 よく「スポーツはシナリオのないドラマ」といわれるが、今日の試合は、劇的な展開の好きなシナリオライターが書いたとしか思えない展開であった。ためにためて、ここぞという場面で「これが目に入らぬか!」という決め台詞とともに印籠をみせる「水戸黄門」のような、10回のイチローのヒットであった。

 「侍JAPAN」というネーミングも良かった。戦う集団というイメージが良く伝わる、上手いネーミングである。

 今日本の経済は低迷している。アメリカに端を発した金融不安が発火点となり、急速に世界を覆った不況は日本も当然飲み込み、深刻な状況を招いている。

 その状況は確かに深刻である。ではあるがその状況を誇大にかつ繰り返しテレビなどのマスメディアが報道したために、心理的な冷却効果が拡がり余計に景気の足を引っ張ることとなった。

 このWBCでの日本の優勝が、多少なりとも低迷している日本の状況を好転させる一因になってくれればとも思ってしまう。個人消費というものは心理的な要因が結構大きい。侍JAPANの快進撃は経済効果が相当あるような気がする。

 それにしても、9回裏の同点弾は結構効いた。みぞおちに一発くらったような重さがあった。2アウトまでこぎつけて勝利に手が届いたかと思った瞬間の同点被弾であったからだ。しかし、それも10回のイチローの印籠を見せ付けるようなヒットにつなげる演出であった。

 さらにイチローの打席の直前、代打川崎が絶好のチャンスで最悪の内野フライ。外野フライでも犠牲フライで1点という場面での初球を打っての内野フライ。大きな溜息がもれた。

 その後にイチローのヒット。ためにためての決め台詞といった感じであった。素晴らしい一打であった、そして感動的な試合であった。 




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ