2006/3/23

11:1ダースのスピーカー  

 年が変わってからの3ケ月、ASCENDANTに特に不満があるというわけではなかったのだが、スピーカーの試聴のために、毎週のように秋葉原へ出向いていた。より上位のランクのスピーカーの音を聞いてみたいという純粋な好奇心からのことだったのだが、結果としてスピーカーを買い替えることとなった。この3ケ月で聞いたスピーカーは次のとおりで全部で12も聞いた。(ダイナ555の東さん、島さん、アクセサリーセンターの島田さん、サウンドハウスの上遠野さん、ありがとうございました。)

1.AVALON CERAMIQUE
2.AVALON VISION
3.AVALON DIAMOND
4.WILSON AUDIO SOPHIAU
5.WILSON AUDIO SYSTEM7
6.SONUS FABER AMATI anniversario
7.B&W 800D
8.Lansche Audio Systems No.4
9.Joseph Audio PEARL
10.JMLab Alto Utopia Be
11.YG ACOUSTICS Anat Reference Studio
12.GERMAN PHYSIKS HRS120 CARBON

 この中で私の心の琴線に深く触れたのは、AMATI anniversarioとHRS120 CARBONだった。もちろん同一条件で聞いたわけではないので、正確な比較試聴ではまったくないのだが、とりあえずそれぞれ試聴室で聞けた音のみで判断すると、この2つのスピーカーの音が非常に魅力的に感じられた。これは音が客観的にいいというのではなく、私のよく聞くジャンル(クラシックと女性ボーカル)や、好きな音の傾向(潤い感・密度感)やサウンドステージのでき方(奥行き深い)にこの2つのスピーカーの音の傾向が合致したのであろう。

 この12のスピーカーをQRD等で環境を整えられた試聴室でじっくり聞いた経験は貴重な体験となった。もう当分はワクワクしながら秋葉原まで試聴のために出かけていくことはなくなるだろう。これからは、まさにここ数ケ月で一新され、一気に第2世代に移行したシステムを熟成させることに集中しようと思っている。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ