2009/2/27

1078:NEUMANN  

 ノイマン・・・どこかで聞いたような、全く初耳のようなメーカー名である。その響きからするとドイツの会社であろうか。

 英語で書くとNEUMANN。インターネットで調べてみたらマイクロフォンで有名な会社であった。オーディオメーカーではないが、多少オーディオに関連するマイクロフォンを製作している会社であったので、雑誌などで見かけたのかもしれない。

 実は昨日オーディオサミット オカヤマの廣坂さんから電話のあったスピーカーケーブルのメーカーがノイマンであったのである。現在もこのメーカーがスピーカーケーブルを作っているのかは不明であるが、以前は作っていたようである。

 そして、今日改めて電話で確認したところ、今お使いの方はモノラルで楽しまれているとのことで、5mペアでなく、5m1本とのことであった。来週には入荷するので、入荷次第送ってもらうこととなった。

 我が家では当然ステレオで使うこととなるので、その5mのケーブルを半分に切ることとなる。1階リビングではセンターラック方式でのセッティングとなっているので、パワーアンプとスピーカーとの距離は短い。1.5m程度の長さがあれば足りるので、半分に切っても充分に足りる。

 そういえば、高音質録音の盤などではノイマンのマイクロフォンは相当活躍しているようである、きっとケーブルはマイクロフォン用のものなのかもしれない。

 録音現場で活躍してきたものであれば、変な癖のないニュートラルなケーブルである可能性が高い。廣坂さんもTANNOYをもっともニュートラルに鳴らす、とおっしゃられていたので、嫌がうえでも期待感が高まる。

 「NEUMANN」の「NEU」は確かドイツ語で「新しい」という意味だったような気がする。「MANN」は英語の「MAN」と同じとすると「NEUMANN」は「新しい人類」という意味であろうか?まあ、どうでもいいことではあるが、TANNOYから「新しい」音を引き出してくれることを願いたい。 




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ