2008/12/31

1020:石の上にも3年  

 今日は大晦日。2008年もまもなく幕を閉じる。金融危機に端を発した世界同時恐慌は瞬く間に日本の経済状況を悪化させた。多くの顧問先の経営状況も思わしくないものになっている。来年2009年がどうなるかは不透明であるが、少なくとも前半は厳しい状況が続くであろう。本格的な回復には最低3年はかかるというのが、経済評論家の一般的な意見であるが、確かにそうかもしれない。

 「石の上にも3年」という諺がある。経済情勢も今後3年は我慢比べの時期となるのかもしれない。

 私のオーディオ歴も3年が経過した。まさに「石の上にも3年」といった感であったが、経ってみるとあっという間である。超ウルトラ初心者が、いきなり何を思ったか、オーディオの泥沼にはまった。

 こういったケースというのは大抵上手くいかないもの。まさに右往左往の日々の繰り返しとなった。3年経過してようやく自分の求めている音が少しばかり判ってきたというところである。

 それは当初想定していたものとは全く異なる様相を呈してきている。最初はStereo Sound誌の表紙を飾るようなスピーカーに、超重量級のアンプ、さらには2ピースあるいは3ピースにも分割される機器で構成されるデジタル機器といったハイエンド・オーディオに目が向かった。

 しかし、時間が経過するに従って、「なんとなく違うような・・・」「何か進むべき道を最初から間違っていたような気がする・・・」といった感覚にとらわれるようなってきた。

 そういった思いが確信に変わるようになったのは、やはり今年になってからである。自分の感性に合ったものというのは人それぞれ。「これが正しい音だ!」なんてものは決してないということが身に染みて分かってきたからであろうか。

 そして「自分の場合、その感性に最も合うのはどちらかと言うと古いオーディオ機器のようだ・・・」と気づきはじめた。

 そんな流れのなかでQUADやTANNOYの古いオーディオ機器と出会う機会に恵まれ、その決して「凄く」はないが「味わい」のある音に心惹かれるようになった。

 その結果我が家には、TANNOY チャトワースとQUAD ESLという古いスピーカが新たに導入され、それらのスピーカーは、50年以上前の真空管アンプであるQUAD 22とUのペアで駆動されている。そしてそれぞれ個性的で味わい深い音楽を奏でてくれている。

 来年はどういうオーディオ動向になるかは、日本の経済情勢同様不明であるが、今までのように大きく左右に軸がぶれることは無いような気がしている。もちろんそんな気がしているだけで、新たな大きな波に見舞われる可能性も十分にある。



2009/1/2  0:03

投稿者:tao

なおさん、こんばんわ!
是非一度聴いてみたいですね。あの真空管アンプがESLをどのように鳴らすのか・・・
スタイルもコンパクト、音質も折り紙つき・・・QUAD 22とUのペアにとってかなりな強敵となりそうです。

2009/1/2  0:00

投稿者:tao

hiroさん、こんばんわ!
そうですね・・・私もつくづく思うことがあります。私はけっしてオーディオマニアではないと・・・
「じゃあ何故三つもスピーカーがあって、それぞれ別の部屋で鳴っているのか?」と問われると返答に困るのですが・・・
今年は「2階のシステムにアナログ投入」がメインテーマになりそうです。

2009/1/1  11:05

投稿者:なお

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
一度、小さなシングルアンプを持ってお邪魔させて頂きます。

http://blogs.yahoo.co.jp/nao_torachan

2009/1/1  2:50

投稿者:hirouki azuma

TAOさん

あけましておめでとう御座います。

Taoさんのブログ見てたら、QUAD22IIが聴きたくなり、今、Tannoyレッドでミケランジェリのショパンを聞いています。

勿論、アナログで。(笑)
是非、QUAD22IIで今年はアナログを。

そして、当方の勘違いかもしれませんが、許していただく前提でTaoさんを表現させてください。
Taoさんはオーディオマニアというより、音楽を聴くことがすきなんですよ。きっと。
QUAD22とIIにたどり着いたということは、という点から、そう思ったのです。確かに高級でもないし、古いし、でもあれで無いと表現されないものがあるのですよね。

と、思うとやっぱりTAOさんは音楽好きの方が強いのかなと思いました。

今年も宜しくお願いします。(あ、無礼、お許しください)

hiro


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ