2008/12/28

1017:餅つき  

 餅つきは、つくだけではない。つきはじめる前に十分にこねるのである。杵に体重をかけてこねこねするのである。このこねる過程がしっかりされていないと、あまり良い餅はできない。そして、このこねる過程は見かけは地味であるが、結構体力が必要である。

 それと大切なのはつく際の返しである。上手く餅の状況を見てつくべき部分を中央へ寄せるようにしなければならない。その見極めがつきあがりに相当な影響を与える。

 単に力任せに豪快につくだけでなく、その過程のなかには地味ではあるが出来上がりに影響を与える作業が結構あるのである。こういった作業が上手くいってはじめて、つきたての餅の美味しさができあがるのである。

 昨日はOLDさんのお宅を訪問したのであるが、一つの部屋に五つのスピーカーが並んでいた。しかもアルテックからQUADまでその幅はとても広い。最初に聴かせていただいたQUAD ESLは、予想していたとおり軽やかな音を奏でてくれていた。

 続いて聴いたのはLo-D HS-500。しかし、こちらはオリジナルではなく特注のキャビネットにユニットが移し変えられていた。その音はこのユニットの優秀さが如実にあらわされたものである。マルチアンプ駆動であるのでネットワークが悪さをしない。ストレートにユニットの性能が発揮されている。

 そして、一般的にはジャズ向きととらえられているアルテックとJBLを続けざまに聴いた。これが良い意味で期待を裏切る音なのである。「豪快で乾いた感じ」とイメージしていたのであるが、湿度感がある。そしてバランス的にも偏ったものを感じさせない音なのである。クラシックも十二分に聴ける。

 これは、チャンネルディバイダーとグラフィックイコライザーを駆使した調整の賜物であろう。プロ用の機器でこの調整作業を詳細に行い、さらにパソコンを駆使してその調整方法を効率的に行われていた。

 この地味ではあるが、餅の仕上がりに決定的な影響を与える調整作業がOLDさんのお宅の音を支えているのである。それを改めて確認したのが最後に聴かせていただいたTANNOYである。

 TANNOYはつい最近ここの到着したばかり。蒸されてはいるがまだこねる作業を経ていないもち米の状態である。その素質の良さは既に出ているが、これから調整過程に入るといった感の音であった。しかし、いずれこのTANNOYもしっかりつきあがることであろう。

 きなこ・あんころ・黒ゴマ・大根おろし・辛味大根・・・つきあがりの餅はどの仕上げも美味しく、ついついおかわりしたくなる美味しさであった。



2008/12/31  0:09

投稿者:tao

K&Kさん、こんばんわ!
OLDさんのお宅で聴かせていただいたアルテックとJBLは、当初持っていたイメージとは異なり、しっとりした感覚すら感じさせる音でした。
調整の繰り返しでここまで持ってくることもできるのか、といった印象を強く持ちました。
それぞれのオーディオ機器は固有の個性がありますが。長い時間をかけて調整していくと、使う人の感性にあった音に変えることは可能であるということが分かりました。

2008/12/30  13:46

投稿者:K&K

Oldさん、ありがとうございました。
taoさん、お疲れ様でした。

私はOldさんのところには何度もお邪魔していますが、5セットのスピーカをとっかえひっかえ聴かせていただいたのは初めてです。
実に面白かったです。

taoさんの湿度感のあるアルテック、JBLという表現は言い得て妙ですね。
生来のウェストコーストの乾いた感じとはちょっと異なる響きでクラシックにも対応できるよう調教されているのはいつものことながら感心してしまいます。

帰りの電車の中でお聞きしたtaoさんのヴィンテージ系への傾倒の理由は非常に興味深かったです。なるほどと思いました。

taoさん、Oldさん、
今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。



http://www7b.biglobe.ne.jp/~hs-500/

2008/12/29  23:22

投稿者:tao

OLDさん、先日はありがとうございました。
OLDさんのリスニングルームは、まさに「宝の山」といった風情でした。今まで使われてきた数多くの愛機がリスニングポイントを囲むように納められ、その中心で音楽を聴くのは、極上の楽しみではないでしょうか。
あれだけオーディオ密度が濃い部屋は初めてですが、不思議と圧迫感のない居心地の良い空間でした。

2008/12/29  0:46

投稿者:Old

Taoさん

コンバンハOldです。
昨日はこちらこそありがとうございました。
Quadのアンプが到着してUKサウンドに浸られているのではないでしょうか

落ち着かれましたらお聞かせください。
今年も残すところ3日となりましたどうぞ良いお年をお迎えください。
また、来年もよろしくお願いいたします。

http://www.netjoy.ne.jp/~b-shige/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ