2006/6/22

ラック新調  

 斜め配置にして困ったことがひとつある。それはマスタークロックジェネレーターを設置するスペースがなくなったことだ。従来はリスニングポイント左側にラックと並べてフィンランドバーチ合板を置き、その上に設置していたのだが、そのスペースが確保できなくなったのである。仕方なく床とラックの隙間に押し込んでいた。しかし、マスタークロックジェネレーターもれっきとしたオーディオ機器であるので、床直置きは心苦しい。4段のラックがあれば解決するのだが、現在使用中のSOLID STEELのラックは3段しかない。そこでラックを新調することにした。

 現在使用しているSOLID STEELのラックは、第1世代のシステムを購入した際に中古で買ったものである。たまたまオーディオショップの中古コーナーで見かけ、そのデザインセンスの素晴らしさに一目惚れして、即決購入した。クールでシャープな印象を持つ逸品である。今後はUltralinear邸で新たな任務に就く予定である。

 新たに購入したラックはクアドラスパイアである。メイプルの棚板でポールはシルバー。爽やかで優雅なデザインである。発注していたものが今日宅配便で届いた。さっそく組み立てに取り掛かる。松浦さんから組み立て時にはポールをきつく締め上げるように注意されていたので、渾身の力で締める。組み立て終わったあと、手が赤くなり多少痛い程力をこめたから大丈夫であろう。一休みしたあと、機器を設置してみる。見た目的な納まり感はなかなか良い。

 さっそく音を出してみる。SOLID STEELに比べると、比較的ふくよかで穏やかな表情が印象的。もう少しシャープな質感を出したいので、先日松浦さんから教わったノウハウにしたがって機器の設置位置を微調整。すると音が締まり、クリアーな響きが出てきた。このセッティングノウハウは教わらなければ、一生気づかなかっただろう。そして、今でもインシュレーターてんこ盛り状態であっただろう。

 ラックにより音も相当変わるはずである。オーディオ機器並みに高額なハイエンドラックも頭を掠めたのだが、シンプルでいて音質的な癖も少なそう、そして何より常識的な金額であるクワドラスパイアを選択した。どうやらその選択は間違っていなかったようだ。

爽やかで優雅なラック!
クリックすると元のサイズで表示します



2006/6/24  22:51

投稿者:Ultralinear

このたびはSolidSteelドナドナ(里子)、誠に
ありがとうございます。
有効活用させていただきます♪

2006/6/23  9:29

投稿者:tao

ハンコックさんコメントありがとうございます。
私もトランスポートをかなり左側に寄せさらに前に持ってきます。DACも若干左目に寄せてあります。見た目的には落ち着きませんが、これで音が活き活きした感じになります。

2006/6/22  23:41

投稿者:ハンコック

こんばんは。
設置位置を微調整することで、音が変わるのは驚きました。
私もラックの一方に寄せて設置してますが、この位置でボーカルの艶っぽさが出てきたんですよ。
ココだ!ということで、最近はこの位置から機器を動かしてないです。


http://blog.so-net.ne.jp/watt3pappy2/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ