Wi-Fi8人バトル ボンバーマン  ゲーム

先週「ロックマン9」という名作を送り出したばかりのWiiウェアに、今度はボンバーマンの登場です。その名も「Wi-Fi8人バトル ボンバーマン」です。

その名の通りあのボンバーマンなのですが、実はこれのパッケージ版は1週間前に発売されています。

ボンバーマン
ボンバーマン
posted with amazlet at 08.09.30
ハドソン (2008-09-25)
売り上げランキング: 402

で、今回はそれの対戦のみに機能を制限したバージョンです。

ボクはかつてPCエンジン版の「ボンバーマン'94」を相当やり込みました。とはいえストーリーモードにはすぐに飽きてしまい、友達を集めては5人で対戦する日々でした。
当時は5人同時に遊べる家庭用ゲームはほとんどなく、我が家では「ボンバーマン'94」と「モトローダー」を交互に遊んでいた思い出があります。友達をなくさない程度に勝ったり負けたりしながら、スーファミには目もくれずPCエンジニアだったタカオです。
どちらのゲームもWiiのバーチャルコンソールにて配信しているので、興味があったら是非やってみてください。ちなみにうちでは先週も「モトローダー」をやっていました。もちろんPCエンジンで(笑)

そんなわけでボンバーマンといえばやはり対戦してこそなゲームだと思うのです。ボクだけではなく多くの人がそう思っていたようで、だからこそパッケージ版とは別にWiiウェア版も出たのでしょう。ハドソンの内部でどれほどの議論が交わされたかは知りませんが、個人的には大賛成です。

対戦のみとはいえステージごとに戦略は違ってきますし、十分楽しいことは予想できたので迷わずダウンロードしました。
すると意外と容量が大きいことにビックリ。Wiiでは内蔵メモリをブロックという単位で管理しているのですが、ボンバーマンは184ブロックもありました。ちなみにロックマン9は66ブロックでした。

ステージが多いのかな?と思いきや、バトル時に選択できるものがステージだけではなく、ルールの違うバトルがいくつか存在するということのようです。「メトロイド プライムハンターズ」(以下、MPH)の対戦みたいな感じといえば、分かる人には分かるでしょうか?

通常のバトルの他に「カウントバトル」「チームバトル」「おうさまバトル」「とことんバトル」「みきってバトル」の、合計6つのバトルがあるようです。
例えば「おうさまバトル」はまさにMPH的なバトルで、王冠を奪いあって最後にその王冠を持っていた人の勝利。
「カウントバトル」では1度の爆風では死なず、頭上でカウントダウンが始まります。それがゼロになって初めて死ぬのですが、カウント自体を人になすり付けることができたり、条件を満たせば減っていた数字が増えたりします。
個人的にはこの「カウントバトル」にハマりました。わざと1発目を自爆し、敵を追いかけたりして遊んでいました。

ちなみに今回のボンバーマンは8人まで対戦することができますが、「マリオカートWii」のように一定時間待ってみて8人集まらないようなら、集まった人数で対戦が始まります。ただしパッケージ版の発売1週間後、ダウンロード版の配信初日ということもあり、みんなこぞってWi-Fiに接続しているようです。どんどん人が集まり、ほとんど毎回8人集まっています。
何試合かWi-Fiで対戦してみましたが、今のところ1勝もできていません(笑) ランキングは2571位です。

あと、参加の待ち受け中にミニゲームが遊べるのですがこれがまた意外と面白いんです。対戦に特化したゲームなだけに、対戦に関わるあらゆる部分でこだわって作っているのが分かります。
1000円とは思えないボリュームに、既に大満足です。
今週末あたり、久しぶりにPWFの仲間であついバトルが繰り広げられそうな予感がしますよ。ワクワク。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ