リアムの発言に何を思う  音楽

いつも読んでいる音楽系サイトBARKSに面白い記事がありました。過激な言動で有名なリアム・ギャラガー(Oasis)の発言だということを抜きにしても、ボクには大して珍しいことだとは思えなかったのですが、一般的には驚きの発言なのですかね? まずは読んでみてください。
新作『Dig Out Your Soul』について問われたリアムはこう答えたという。「少なくとも、“Wonderwall”はねえよ。あのくそトラックにはほんと、我慢ならねえ!」「問題は、あれが俺らにとってドデカイ曲だってことだ。アメリカに行くと“ミスター・ワンダーウォールですよね?”って言われるんだぜ。殴ってやりたくなる」

1995年にリリースされた「Wonderwall」は、Billboard Hot 100の8位にランク・イン。いままでのところ、アメリカでの唯一のトップ10ヒットとなっている。
実にリアムらしいですよね。でも実は、口に出さないだけで他のアーティストも同じようなことを思っていると思いますよ。
自信作がそのままヒット作だというアーティストは稀なのではないでしょうか。自分の思惑とは違うところでヒット作が生まれてしまうことも多々あるようです。

あなたの好きなあのアーティストも、じつはあなたの好きなあの曲のことを嫌いなのかもしれませんよ。

それでもやっぱりファンが耳にしたり見たりできるメディアでこういう発言はよくないと思いますけどね(笑)

がんばれ、リアム
がんばれ、リアム
posted with amazlet at 08.09.02
コロムビアミュージックエンタテインメント (2002-09-21)
売り上げランキング: 91241



2008/9/15  13:33

投稿者:takao247

ギャラガー兄弟はやっぱりそういう印象なのね。
日本人だと、松山千春あたりは言いそうじゃね?
長い夜だけはねぇよ、みたいな。
いや、あの人は自分の楽曲に自信を持ってそうだから違うか(笑)

http://moon.ap.teacup.com/takao247/

2008/9/3  17:01

投稿者:mayuconnor

あぁ、言いそう。
つかコレ、名前と曲名伏せられてもギャラガーのどっちかじゃね?とかおもってしまふ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ