サマーソニック ゼロシックス その4  音楽

いつの間にか雨も上がり、METALLICA目当てのオーディエンスがどんどんとアリーナに流れ込んできます。数時間前からこの状況を見越してアリーナで待機するボクはやはり勝ち組(笑) ま、その分 疲れたわけですけれども。

18:40スタート予定のMETALLICAですが、数分前からアリーナではメタリカコール。しかしそれをあざ笑うかのように「メタリカは今こちらに向けて出発しました」という司会のアナウンス。ホテルを今出たのかよ!と思いつつ、さすが大物だと妙に感心してしまいました。数年前に同じくSUMMER SONICでGuns 'N Rosesを観た時には、開始予定時間から1時間以上待たされたような気がするので、今回も覚悟していました。

なんだかんだで19:00ちょっと前にメタリカ登場! 1曲目は「Creeping Death」! 84年発表の2nd「Ride the Lightning」からの楽曲ですが、個人的にはこのアルバムはあまり好きではないのです。当時の録音技術のせいなのか、低音がスカスカなんですよね。しかし、それを今のメタリカが演奏したらこんなにカッコイイのかと感動しました。

その後も新旧織り交ぜつつ5曲終わったところで突然ステージが暗転。サイドの大型スクリーンに、とあるメッセージが現れます。要約すると「20年前に発表されたメタリカ3作目のアルバム『Master of Puppets』(以下「メタルマスター」)は、バンドにとってもファンにとっても最高傑作である。今ここに、それを完全再現する」というもの。なんだってー!? 確かに名盤だけど、まさか全曲やってしまうとは思っていなかっただけにビックリしました。
「Battery」のイントロが始まるとみんなでギターのフレーズを大合唱(笑) ちょっと間抜けな感じだけど、会場が1つになるのを感じずにいられませんでした。ライブが始まった時にはステージ下手側(向かって左側)にいたボクですが、「Master of Puppets」が始まる頃にはボーカルの真ん前にいました。ジェイムズ老けたなぁ。でも渋くてかっこいい。こんな激しい曲をいつまでも演り続けるメンバーに激しく嫉妬しつつも、実は「メタルマスター」は4曲目くらいまでしかまともに覚えていなかったりするわけで…。さらに前日の徹夜が身体に響いて来たボクは次第にフラフラになり、ライブを楽しむ為にもここはスタンド席に移動したほうがいいと判断。とはいえ、かなり前まで来てしまっていた為にモッシュの輪を抜けるのに一苦労。なんとかアリーナを出た頃には「メタルマスター」が終わっていましたorz

ちょうど本編が終わってアンコールが始まるまでにはスタンド席につき、悔しい思いをしながら名曲「Enter Sandman」や「One」を聴いていました。「Sad But True」「Nothing Else Matters」など、体力さえ残っていればもうひと暴れしたい曲ばかり。とはいえアンコール含めて2時間半ものステージは、朝からフェスを堪能していた身体にはキツいッス。2時間半というのはサマソニ史上最長らしく、量も質も本当に素晴らしいものでしたよ。

しかしドラムのラーズが1曲終わるごとに立ち上がって客をあおる様は、もはや伝統芸能のようでした。マジで毎回立ち上がってチョロチョロしていて、微笑ましかったです。そのちょっぴり間抜けな立ち振る舞いに、ファンは大喜び(笑) 「中村屋!」 アレを見れただけでもサマソニに行った甲斐があったってものです。
でも、今のところの最新作「St.Anger」から1曲もやらないってのはどうなのよ(笑) せっかく予習していったのに!

そして、日本でもまだこんなに受け入れられることを身をもって感じたであろうMETALLICAのメンバーも、とても楽しそうだったのが印象的でした。来年はアルバムを出すようだし、すぐにでも再来日する予感がします。

Master of Puppets
Master of Puppets
posted with amazlet on 06.08.25
Metallica
Universal/Mercury (1990/10/25)
売り上げランキング: 19,453




2006/8/27  9:42

投稿者:タカオ

だって、デフトーンズ興味なかったんだもの(笑)
正直あのライブは、ファン以外にとっては割と聞くに堪えないものだった
と思うのだけど…。
ファンにとってたまらない選曲だったのは分かるのだけど、ボーカルが下
手じゃなかった?
フェスなのにこじんまりしたステージングだったし。

ファンの方々すみませんm(_ _)m
他の人の意見も聞きたいなぁ。

2006/8/26  15:59

投稿者:きゃみ

レポートお疲れ様!!
いやぁ、マジ楽しかったな!
読む人にとってもすごく分かり易い内容と思いました。
あの輝かしい時間が鮮明に思い出されたよ。

しかしだな・・・
デフトーンズのすばらしさをもっと書け!
書き尽くせ!
たった1行って(笑)!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ